新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
りんごがドスーン

りんごがドスーン

  • 絵本
作・文・絵: 多田 ヒロシ
出版社: 文研出版 文研出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1976年
ISBN: 9784580815353

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

野原に大きなりんごが落ちてきた。もぐらがやってきて「むしゃむしゃおーうまい」。りすも、きつねも…みんなおなかいっぱい。ページをめくるたびに喜びとたのしさがあふれる。

ベストレビュー

今も変わらず、名作です

この本は、私が小さい頃に読んで大好きだったお話です。
親に読み聞かせてもらった記憶が鮮明に残っていて、
自分のこどもにもぜひ!と思って読みました。

おおきなりんごがドスーン!と落ちてきました。
もぐらがやってきて「もぐ もぐ もぐ おーうまい」
次々と現れる動物たち。
最後には雨が降ってくるけど、みんな仲良く、大丈夫。

みんなで食べてようやくなくなるような、大きなりんご。
最初に来たのに最後まで食べ続けている、もぐら。
おなかいっぱいの動物たちが並んで、食休み。
「みちゃみちゃみちゃ」など、食べているときの音ですら、楽しい。
わが子も気に入ってくれました。

大きめな絵本なので見易く、字も少ないので小さいお子さんから楽しめます。

大人になった今でも、昔と変わらず、こころ惹かれるお話でした。
(motomotoさん 30代・ママ 男の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,420円
880円
2,750円
1,320円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,540円
3,300円
880円
2,970円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

りんごがドスーン

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.41

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら