ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ふしぎなたまご」 みんなの声

ふしぎなたまご 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:いしい ももこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1964年06月
ISBN:9784834000283
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,082
みんなの声 総数 38
「ふしぎなたまご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ブルーナさん

    ディック・ブルーナさんの作品が好きなのでこの絵本を選びました。黒い太めの線に色鮮やかな色がセンス良く配置してあるのが素敵でした。自分の子ではなくてもみんなでで協力して赤ちゃんを育てる事の素晴らしさを感じました。そして、他の動物の好物が何なのかもきちんと把握しているのが驚きました。赤ちゃんが元気に育っていく様子に元気をもらいました。ブルーナさんの世界を堪能出来る素晴らしい絵本でした。

    掲載日:2008/11/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絵のバランス感覚が抜群

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ディック・ブルーナと言えば、ミッフィーでつとに知られています。
    赤、青、黄、白を基調に黒で縁取りした絵は、くっきりしていて、赤ちゃんでも理解し易いもの。
    しかも、絵も極限までデフォルトしていますから、人気があるのも頷けます。

    今回の作品も絵だけ見ると、実に素晴らしいです。
    アヒルの赤ちゃんが、卵の殻を頭にのっけている姿なんて、そのバランス感覚といい、姿形といい絶妙としか言いようがありません。

    それに比べるとストーリーは、あまり頂けません。
    落ちていた卵からアヒルが誕生するというのが主で、それに絡んで動物達が登場するのですが、0歳からを対象にしているのに、文章量が多すぎです。
    正直言って、話を聞くことなく絵を眺めているだけではないでしょうか?

    それを補い余るくらい絵が魅力的な作品と言えると思います。

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 誰の卵でも大切な卵

    野原にあった真っ白な卵をめぐって、めんどりやおんどり、ねこが、自分のだと言います。そこに犬もやってきました。
    その時、卵から出てきた赤ちゃんは、、アヒルの赤ちゃんでした。
    お腹の空いた赤ちゃんのために、みんなは食べ物を探します。
    アヒルの赤ちゃんはすくすくと育ったようです。
    どうぶつを大切にすること、赤ちゃんを守ることの大切さを
    学べると思います。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の卵?

    ブルーナの絵で読めてハッピー。

    みんなが謎の卵を自分のだと主張します。猫まで自分の、猫の卵だと。猫、卵じゃないから、、、!

    生まれたらあひるでした。

    みんながパンを持ってきてあげて、かわいがる様子があり、そこで終わります。

    もう少し、何かオチがあってもいいかなと思います。

    幼稚園児向け。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんのたまご?

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    たまごがひとつ落ちていて、めんどりとおんどりとねこが私の卵だと言い争っています。このやりとりが面白くて笑いました。おんどりとねこが卵産むわけない!きっとめんどりの卵でしょと思ったら、それもはずれでした。
    この本を読んで息子はめんどり、おんどりを知りました。勉強になりました。
    卵から生まれたのはアヒルでした。
    この中の誰の卵でもなかったけれど、せっせとパンを集めて食べさせてあげる姿はしっかりお父さん、お母さんの姿でした。

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさこちゃん出てこなかったけど・・・

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘が図書館から借りてきました。
    ブルーナさんの作品が大好きな娘。
    うさこちゃんシリーズだと思って借りて来たようでしたが、
    最後までうさこちゃんは登場せず、???な様子でした。

    とはいえ、
    かわいいネコに犬に、
    みんなでパンをあげて育てるやさしい動物たちの姿。
    最後に大きくなった赤ちゃんをみたときは、
    娘もとっても嬉しそうでした。

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘が絵本好きになったきっかけ

    たまご、にわとり、いぬにアヒル。
    ページをめくる度に娘は声をあげて喜び、
    この本をきっかけにわが子は絵本好きになりました!
    特に、アヒルの顔がお気に入りのようです。
    ブルーナならではのシンプルな絵とわかりやすい配色がいいみたいです。

    掲載日:2013/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵は好きです

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    ディック・ブルーナの絵本はかわいくていいのですが、いつもストーリーがちょっと・・・。
    誰のかわからないたまごを、めんどりやおんどり、いぬやねこが自分のたまごだと言うけど、実はあひるのたまご。ここで疑問がひとつ。彼らは他人のたまごを自分のものにしたがった(盗もうとした)ってこと?
    あひるが生まれてからは、みんなで世話して大きく育つ・・・だけ?
    あかちゃん絵本なのでオチは期待しませんが、文字が多くて長いわりに突然終わっちゃう感じです。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。とても楽しい作品でした。たまごを自分のものだとみんな言い張るところが面白かったです。何でも自分のものにしたがる時期が、2歳の娘にもありました。そんなことを思い出した本です。
    そして出てきた赤ちゃんが可愛い。お腹がすいた赤ちゃんを必死に世話するみんなも可愛かったです。

    掲載日:2011/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が可愛い

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    ブルーナのシリーズですが、ブルーナは出てきません。
    でも、可愛い犬、猫、めんどり、おんどり、アヒルが出てきます。
    1歳10カ月の息子はブルーナシリーズにあまり興味を持たないのですが、こちらは可愛いし分かりやすいお話だしどうだろう?と思って読みました。
    単純な絵は可愛く、物語も素敵なのですが、物語を楽しむには、息子にはまだ早いようです。
    すぐに興味をなくしてしまいました。
    もう少し大きくなってからまた読んでみたいと思います。

    掲載日:2011/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / タンゲくん / うさこちゃんとあかちゃん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット