アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

クリスマスのりんご」 みんなの声

クリスマスのりんご 文:ルース・ソーヤー アリソン・アトリー
編:上條 由美子
訳:上條 由美子
絵:たかお ゆうこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年10月05日
ISBN:9784834027488
評価スコア 4.75
評価ランキング 745
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマスに親子で楽しみたい

    アリスン・アトリー、ルース・ソーヤー、エインズワースなどが書いたクリスマスにまつわる九つの短編が収録されています。

    どのお話も、暖かく優しい気持ちになるものばかりで、幼年童話としてもぴったりの内容でした。

    ただ、11歳になった息子はこの手のほのぼの暖かいお話がだんだんと苦手になってきているようで他の話を読んでほしいと言われてしまいました。もう少し前に出会えていたら、一日一話的にも読めてよかったのでしようけれど。

    「小人とくつ屋のむすこたち」「大きな白い子ネコ」など、どこかで読んだことがある昔話もありました。

    「クリスマスのりんご」は、『神の曲芸師』として知られているお話にどこか通じるものを感じましたし、「人形の家」は「くるみわり人形」を思い出しました。

    子どもの気持ちの優しさとか、大人の優しさなど、人っていいなあ、生きているといいことが起きることがあるなあと思える作品群が多くて、ほのぼのとした気持ちになります。

    クリスマスプレゼントとしても喜ばれそう。児童書ですが、お子さんだけが読むのではなくて、親子で楽しみたい児童書だと思います。

    アドベントカレンダーのように、アドベントストーリーではないけれど、クリスマスが近づいてきたら、一つずつお話を読んでいくのもよさそうです。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 自分が読みたくて手に取ったのだけれど
    気になって寄ってきた2歳の娘が読んでほしいとせがんだので一緒に読んでみた

    娘はまだ字も読めず、長い文章も耳に入らないようで
    もっぱらイラストを見て楽しんでいた
    ポケットからりんごが出てきた!とかこれゾウさん?とか

    大人の方が楽しめる絵本だった。
    どのストーリーもよかったけれど、特に好きなのはタイトルのクリスマスのりんご
    クリスマスには奇跡が起こる、というストーリーを集めている
    じんわり温かい気持ちになって、周りの人にやさしくしようと思えるような話が詰まっていて、すごく素敵だった。

    感想メモ
    ・文章は子供が自分で読むのには難しい。
    ・文章は漢字交じり小さいルビ付き。すべてのページに挿絵が入っているので、文章だけでは物語が追いにくいこどもでもなんとなくストーリーが追える。年長さんは厳しいが、本が好きな小学校低学年なら読めると思う。
    ・キリスト教がベースになっているので、深く読もうとするとわからない点がいくつか出てくる。
    たとえばサムソン人形(聖書には怪力サムソンという登場人物がいる)
    動物園で動物たちが先祖がイエス様の誕生に立ち会ったと言っているところ(本編ではイエス様とは語られない)
    基本的にクリスチャンが読むことをベースに書かれているので。
    物語を読みなれている人ならさらっと読むだろうし、知らなくても物語の面白さには変わりがない。

    掲載日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • どのお話も良かった!

    アリソン・アトリーがすきなので、読んでみました。
    幾人かの作家の作品がまじっていると、次はどんなお話だろうとわくわくします。
    どれもクリスマスらしい、やさしいお話で良かったです。かわいい挿絵もすてきでした。
    クリスマスを待ちながら、毎日、一編ずつ読むのもいいかもしれません。

    掲載日:2016/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  •  クリスマスにちなんだ小さなお話が九つ。どれも、ほのぼのとした温かいお話です。そして、静かなお話の中にも、どうなるの?大丈夫?と、ドキドキしたりハラハラする要素もあり、子どもの心を しっかりとつかむことでしょう。
     
     装丁も挿絵も可愛らしく 手にとりやすく、文学の香りのする素敵な幼年童話です。街にクリスマスソングが流れだす頃、小さな子どもに毎日少しずつ読んであげたいな。11月か、12月の初めに 少し早いクリスマスプレゼントとしてはいかがでしょうか?

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスにぴったり

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    クリスマスに関する9つのお話が入っています。
    奇跡、いいこと、すてきなこと…が起こるお話ばかりでまさにクリスマスにぴったりだなと思いました。
    人に分け与えるというやさしい心も思い出せるお話がそろっています。
    あたたかくてやさしくていい幼年童話で気に入りました。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良質の物語

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    一流の作家によるクリスマストーリーと再話で構成された短編集です。
    今、私は、訳者である上條由美子さんのストーリーテリングの講座を受講していて、
    講義の中でも触れておられたのでセレクト。
    「小人とくつ屋のむすこたち」、「大きな白い子ネコ」、「クリスマスのりんご」が再話です。
    「小人〜」は、留守番の子どもたちの様子に共感してしまいます。
    意地悪そうな小人とのドキドキハラハラのあとの展開が、
    クリスマスらしい不思議な奇跡の展開で、心が温まります。
    「大きな〜」は、昔話によく出てくるトロルの様子が興味深いです。
    表題はクマのこと。その存在感がいい感じです。
    「クリスマスの〜」は、とても厳かなストーリーです。
    しんみりと音読で味わいたい、クリスマスの奇跡です。
    創作も、クリスマスらしい、不思議なお話ですが、良質の物語だと思いました。
    西洋の情景がメインなので、そのあたりの様子がイメージできる小学校中学年くらいからでしょうか。

    掲載日:2013/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス気分

    クリスマスの気持ちを味わいたくて図書館でかりてみました。はずれなしの短編が入っていて、ほんわかした気持ちになります。クリスマスを迎えるわくわくした気持ちやどきどきした気持ちがじわじわやってきますね。福音館がだしているので間違えはないなーとおもいました。でも激しいお話がないので男の子は飽きちゃうかも。女の子がすきだろうな、と思いながら読みました。読みやすくていいとおもいます。

    掲載日:2013/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『そのままのキミがすき』『あなたなんてだいきらい』きむらゆういちさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 1
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット