うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊
  • 電車の客車の成長物語

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    ブルートレインの新入りの客車が来た。その名前はぽんちゃん。ぽんちゃんの成長物語です。
    最近、別の本でブルートレインを知った息子に読んでみました。擬音も多いので、2歳の息子も楽しめました。でも、まだストーリーはよくわからなかったみたいです。3歳以上向けかな。
    電車が走る様子がいっぱい出てくるので、電車好きの子は気に入ると思います。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 急に入院することになった妹が、お姉さんをよりお姉さんらしく成長させてくれました。
    重い病気でなくて良かったですね。
    母親の不在と合わせて、あさえの不安感と妹を思いやる心が高まっていくところが、はっきりと描かれていて、とても素敵な絵本です。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • あおむしの食欲がすごい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    昆虫すきの息子が図書館でかりてきました。
    あおむしの食欲旺盛っぷりには恐怖を感じるくらいびっくりだけど、そういえば実際に我が家のキャベツをおそったあおむしも恐ろしいほどのふんをして葉っぱを我が物顔で食べていました。
    昆虫の特徴をしっかりとらえ、楽しく描かれていて楽しかったです。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気になっていた絵本が全ページお試し読みになっていたので
    早速、開いてみました。
    チーフさんのお店が、とてもかわいいです。
    小間物やさんのように、かわいらしいものが、
    たくさんの引き出しにきちんとしまわれていたり、
    棚には色とりどりのリボン。鮮やかな色の階段。
    やってくるお客さんたちも、
    みんなハンカチを上手に使っている絵が面白いです。
    蜂の子供たちのお誕生日など
    可愛くて楽しい絵本でした。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそう!

    テントをはってのキャンプって,子供にはとても良い経験と学びになりそうですね。
    この絵本を読んだ子供は「キャンプに行きたくなる」のではないでしょうか!
    「のいちごはら」っていうのもまた何だか素敵でわくわくしますね。
    うさぎたちの表情も楽しそうでした!
    自然体験は子供にとって大切なんだな〜と改めて思う絵本でもありました。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今回のシリーズはミステリーです。

    でもどこかミステリー?って感じです。

    色も全然薄暗くなくて、

    他のシリーズととくには

    変わりません。


    ぬいぐるみ?の顔だけが

    いっぱいあるページがあるんですが

    そこは少し怖い気もしましたが。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • そろそろ一人で本を読むようになってきた6歳の娘のために買いました。もともとちびまる子ちゃんが好きなので、自分で読みたい!という気持ちになったようです。
    ストーリーはとてもほのぼのとしています。
    まるちゃんがお友達の力を借りてテストで100点を取るお話です。
    最後にまるちゃんのお父さんが・・・。うーん、これは残念でしたね(苦笑)。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • コミュニケーションをしながら

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    布の質感があたたかい、手作りおもちゃで遊んでいるような絵本でした。
    野菜を洗ったり、ハムエッグをつくったり。お皿や蛇口にもお顔がある感じがかわいい。
    この前食べたねぇ、おいしそうだねぇと、小さい子と一緒に楽しめる絵本でした。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 短い3つのおはなしと、長めの2つのおはなしが掲載されていました。
    表題の赤ずきんちゃんとおおかみの踊る絵に惹かれて
    読み始めたのですが、どれも気になるおはなしでした。
    本が読めて、かなり上品なつもりのおおかみが
    赤ずきんちゃんと出会ってから
    おばあちゃんのところまで行ってどうなったかと言うお話です。
    おおかみの気持ちが丁寧に書いてあります。
    おばあちゃんが強者で、おおかみ退治で銀貨を5枚ももらって
    大喜び。おおかみが、なぜか、かわいそうでした。
    次の、カチカチ山も、なぜかおおかみが主人公ですが、
    ずるいきつねがでてきます。カチカチ山なので。うさぎとタヌキ、
    おじいさんも出てきました。
    塩焼きの鯛に憧れたおおかみのお話です。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校1年生の娘が一人読みしました。
    この絵本の男の子についてくる犬,その対比からも大きい犬だな〜という印象を受けました。
    もしこんな犬がついてきたら自分はどうだろう。。。怖いかも!!
    ましてや犬と共に迷子になっちゃうなんて。。。
    そういう意味ではドキドキする絵本に思いました。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

458件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット