しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
キツネのはじめてのふゆ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

キツネのはじめてのふゆ

  • 絵本
作: マリオン・デーン・バウアー
絵: リチャード・ジョーンズ
訳: 横山 和江
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年10月05日
ISBN: 9784790253617

5歳〜
サイズ26.1×21cm 32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


3冊まで投票できる!えほん祭り開催中

みどころ

ひとひらの雪がキツネの鼻の上に落ちてきました。

主人公のキツネはまだ親から離れたばかりの若いキツネ。
表情はあどけなく、はじめて迎えた冬に興味津々。
「ぼく なにかしなくていいのかな?」って、毛虫や、森の動物たちに聞いていきます。

おはなしの中で森の生き物の冬越しの様子がわかるのもこの絵本の魅力の一つ。
キツネは森の仲間たちと違って眠くないし、なんだか森の中のいたい気持ちなのです。
どうしてなのでしょう。それは、とてもとても素敵な出会いが待っているから。

原題は「WINTER DANCE」
作者のマリオン・デーン・バウアーさんは、雪を楽しむ機会の多いミネアポリス在住とのこと。
雪景色の中で踊るキツネたちを見てこの作品の着想を得たそうです。
おはなしも素敵ですが、何と言っても絵が魅力的です。
リチャード・ジョーンズさんの絵は静かで温かみを感じさせてくれます。
冬を表現する色がこんなにも温かく感じるなんて。

表紙のキツネの表情のとても可愛らしいこと。読み聞かせの時は表紙をたっぷり見せます。
はじめはあどけなかったキツネが、メスのキツネと出会ってからはりりしい若キツネの表情に。
なんだか胸がキュンとします。

冬の読み聞かせの定番になりそうです。
小さいお子さんと親子で、小学校低学年へクラスの読みきかせにもいいですね。

(山田裕子  小学校司書)

出版社からの紹介

雪が降ってきました!冬にそなえてすることはたくさんあります。木の実をかくしたり、あたた
かい南へ飛んでいったり、春になるまで寝てすごす動物もいます。けれど、どれもキツネのすることではなさそうです。冬のあいだ、キツネはいったい何をするのでしょう? 
はじめての冬を迎えた若ギツネは、すてきな相手と出会い、雪と一緒にひらひら、くるくる踊って、恋をします。一匹の足跡ではじまった絵本は、二匹の並んだ足跡で終わります。ほかにも絵のなかには画家のさりげない遊び心がたくさん発揮されています。

キツネのはじめてのふゆ

キツネのはじめてのふゆ

ベストレビュー

冬の日の恋物語♪

なんて透明感のある綺麗な絵でしょう!
可愛い若キツネの表情に引き込まれてページをめくると、そこには本当に綺麗な冬景色が広がっています。こんな絵を見ると、ただ寒くて嫌だなーと思う冬の一日も、キラキラと輝いてくる気がします。
いろんな動物や鳥に出会い、冬越の仕方を尋ねる、あどけなくて可愛い若キツネ。そして、自分との違いを感じて、自分をみつめて考え、知らずしらずのうちに成長していく若キツネ。最後、素敵な彼女と出会って一緒に踊る若キツネの姿は、喜びと自信に溢れているように思えます。ロマンティックで微笑ましい素敵な一冊です。
寒い冬の一日も、とびきり素敵なこんな絵本をじっくり味わえば、心ぽかぽか温かくなりますね!
(あさみーこさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マリオン・デーン・バウアーさんのその他の作品

はるのおとがきこえるよ / ながいながいよる / 家出 ─12歳の夏

リチャード・ジョーンズさんのその他の作品

だいすき ライオンさん / ビジュアル世界一の昆虫

横山 和江さんのその他の作品

フランクリンとルナ、月へいく / ねこの3つのねがいごと / クマさんのいえへいかなくちゃ! / わたしたちだけのときは / 家ネコのボクが、にんきものになるまで / フランクリンの空とぶ本やさん



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

キツネのはじめてのふゆ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット