宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
りゅうのめのなみだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りゅうのめのなみだ

  • 絵本
作: 濱田広介
絵: いわさき ちひろ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「りゅうのめのなみだ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1965年11月
ISBN: 9784033020105

対象年齢:5・6歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ふしぎな少年の勇気と友情が、人々に恐れられていた竜の心をなごませます。気品ある絵が、愛と善意の世界の奥ゆきを深めています。

ベストレビュー

ちひろさんの絵とマッチ

娘が図書館でみつけました。
「この絵本の絵、いわさきちひろさんの?」と。
ひらがなも読むことができる娘ですが、「いわさきちひろ」の
文字を読んだわけではなく、絵をみて気づいたようでそれがうれしくて
借りてきてしまいました。
この物語、遠い昔読んだとは思うのですがすっかり忘れていて。
あらためて読んでいいお話だなあと思いました。
いわさきちひろさんが描く男の子が、「やさしく素直で、でもきちっと
芯がある主人公の男の子」と絶妙にマッチしていてすうっと入って
いくことができました。
娘は恐がりですので、りゅうが登場する場面ではびくびくしていましたが、
見たこともないものを、人のうわさでただ怖がるのではなく、この男の子
のように自分の頭で考え、判断できる人にいつかなってほしいなあと
思います。もちろんやさしい気持ちも持って。
手元に置きたい絵本です。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いわさき ちひろさんのその他の作品

なまえをつけて / いわさきちひろ名作絵本 あおいとり / いわさきちひろ名作絵本 おやゆびひめ / いわさきちひろ名作絵本 愛蔵版 おやゆびひめ・あおいとり / いわさきちひろ名作絵本 はくちょうのみずうみ / いわさきちひろ名作絵本 しらゆきひめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

りゅうのめのなみだ

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット