新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
みずたまのたび

みずたまのたび

  • 絵本
作: アンヌ・クロザ
訳: こだましおり
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2015年03月07日
ISBN: 9784890139491

B5変型・上製・40ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


あなたの好きなキャラクターはどれ?

みどころ

「わたしは ちいさな みずたま」という言葉ではじまる、水の絵本。
スイスの作家がコンピューターグラフィックで美しく描く本書は、いわゆる「科学絵本」のイメージからはちょっと離れた印象です。

ネコが水を飲んだ、ボウルの底にひとつぶ。
残ったみずたまは、
「そうだ、たびに でかけよう!」
小さな粒になり、空に舞いあがります。
雲といっしょに旅をして……高い山にぶつかり、雪の結晶になります。
地上でまたみずたまに。地表をすべりおりて地下へ。
水脈から川へ、海へ。
旅はさらにつづきます。

「みずたまに もどった わたしは、
へんてこな石の うえに おちた。」

詩的でシンプルな言葉を、みずたまの旅を味わうように、ゆっくり声に出して読んでみてください。
洗練された色彩、動植物のフォルムがあざやか。
どのページを開いても、控え目ながら、どこか生き生きとしたグラフィックが印象に残ります。

『ぼくはここで、大きくなった』で2009年にフランスの「科学の本」賞を受賞。
作者のセンスを感じる、アートの趣のある科学絵本です。


(大和田佳世  絵本ナビライター)

みずたまのたび

出版社からの紹介

ボウルのそこにひとつぶ のこったみずたま。
おひさまのおかげで、空に まいあがり、 雲にのり、雨になって、また、土のなかへ。
そして、川から海へ……

さまざまなかたちにすがたを変え、いろいろないきものに出会いながら、
地球をめぐる“みずたま”の冒険!
美しいイラストの科学絵本。

ベストレビュー

水の流れ

このお話は、始まりは猫の残した一粒の水玉の粒が蒸発して雲になって、雨になって川に流れ、海に行きついたお話でした。この水玉が旅をしている様子を読みながらも、水の仕組みのことを学べていると思うのでとっても面白かったです。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

880円
638円
1,100円
2,200円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,730円
550円
1,320円
1,100円

出版社おすすめ




『100にんのサンタクロース』好きなサンタさん投票TOP10結果発表!!

みずたまのたび

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.37

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら