話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

チロヌップのきつね

チロヌップのきつね

  • 絵本
文・絵: たかはし ひろゆき
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1972年
ISBN: 9784323002316

A4変型判 48ページ

出版社からの紹介

北海に浮かぶ小さな島チロヌップ。きつねたちと人々の暮らしを、やがて戦争が…。
今こそ伝えたい平和への願い

北海の孤島できつねの親子が平和にくらしていました。しかし、戦争の余波は、その島にまでおよんできたのです。きつねの親子の愛や、野生の厳しさ、人間に翻弄されるきつねたちの悲哀を詩情豊かに描きます。英語版・ドイツ語版が出版され、アニメ映画でも話題をさらった物語。平和への祈りをこめて描かれた絵本。

ベストレビュー

戦争というよりは共存がテーマ

戦争の絵本として紹介されることもありますが、テーマとしては”共存”の方が強く感じる絵本です。
人間と人間、人間と動物
立場によっては、争ったり、寄り添ったり…
そのことを、丁寧に描かれているので、文学作品として心にしみてきました。
絵も美しいです。

高学年以上向けとは思いますが、子どもたちには、この作品に出会っていろんなことを感じてほしいと思います。
(やまわらうさん 50代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,650円
1,650円
1,320円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,190円
1,540円
1,980円
3,025円

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

チロヌップのきつね

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら