新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
プレッツェルのはじまり

プレッツェルのはじまり

  • 絵本
作: エリック・カール
訳: アーサー・ビナード
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2013年02月04日
ISBN: 9784033482606

出版社のおすすめ年齢:5歳〜
30.0×21.0cm 32ページ

エリックカールスペシャルサイトオープン

みどころ

続きを読む
プレッツェルのはじまり

出版社からの紹介

エリック・カール1972年の作品を初邦訳

パン生地に水を入れて焼いたパン屋に王さまが難題を出した。プレッツェルの由来をえがいた昔話を絵本化。1972年の作品を初邦訳。

ベストレビュー

偶然のようなことの流れで・・・・・・

ドイツ生まれなんですかぁ〜。
柔らかく焼き上げた大きい種類と、固く焼いた小さい種類があるんですね。
私は固く焼きしめた小さいプレッツェルの方が、馴染みがあります。
どこかの国の大統領さんが、NFLをテレビで観戦中に喉に詰まらせたのもこちらかな?
ドイツでは、柔らかい派が主流なのかな?

プレッツエルの形の起源については、諸説あるようで、この作品のように罪を犯したパン職人が、罰を免れるため、パンから太陽を一つの角度から3度見ることがでるパンを焼くことになったという説。
巻末の解説のように、祈りをささげている修道士をかたどったものだとする説。
もう一つの伝承によると、この3つの穴はキリスト教の三位一体のを象徴という話もあるようです。

この作品は、エリック・カールさんのおばあちゃんから聞いたプレッツエルの昔話に、カールさんが幼い頃近くに住んでいた腕の良いパン職人のおじさんを登場人物にして、作り上げたものだそうです。

何といっても、偶然のようなことの流れでプレッツエルができてしまったこのお話は、子どもたちがとっても楽しめるんじゃないかと思います。

高学年にも読んでみたいな〜って思いました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子17歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,100円
1,980円
1,320円
550円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
385円
385円
1,430円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

プレッツェルのはじまり

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら