アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

大きなクスノキ」 みんなの声

大きなクスノキ 作:みその たかし
絵:さとう そのこ
出版社:高陵社書店
本体価格:\1,200+税
発行日:2016年12月15日
ISBN:9784771110205
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,186
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 木との友情

    伐採されることになった、大きなクスノキを、一人の女の子が、行動を起こして、クラスのみんなの力を借りて、助けます。
    こう書くと、とても、壮大な感動もの語りのように思いますが、この絵本は、やわらかな、やさしい雰囲気です。木っていいですよね。大切にしたいと思います。

    投稿日:2018/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    私自身の母校にも、シンボルとなっているクスノキがあったので、その木がなくなったら残念という、主人公と同じ気持ちでどうなるのかと心配しながら読みました。
    新聞への投書、署名を集めるという現実的な方法で大人に訴えかけ、実際に移植という方法に変更してもらった主人公の行動力がすごい。
    どうせ無理だという考え方をするのではなく、まっとうな方法で行動にうつし、実際に上の人を動かしてしまう、素晴らしいことを教えてくれる絵本でした。

    投稿日:2017/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話から立ち上る思い

    縦長の装丁に、深いグリーンの背景、印象的な表紙絵に惹かれました。
    心待ちにしていた入学式で小学校にやって来たウタちゃんが出会ったのは、
    大きなクスノキ。
    以来、仲良しになっていたのですが、6年生になったある日、
    老朽化した校舎建て替えのため、クスノキが伐採されることになったのですが、
    ウタちゃんが行動して、移植されることになったのですね。
    クスノキに対する思いがストレートに伝わってきて、
    もしやと思って調べたら、やはり実話がベースになっているようですね。
    しかも、モデルとなったクスノキは今も実在するとか。
    それだけに、メッセージにリアリティがあったのですね。
    クスノキをめぐる、生き物たちとの関わりも知る事が出来ます。
    何より、子どもにだってできることがあるということ。
    その行動力に拍手したいです。
    小学生に読んでいただきたいです。

    投稿日:2017/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい社会 受賞レビュー

    一人の小さな女の子の気持ちが、周囲を社会を動かしていくお話。
    本当に心をこめて願えば、それが正しい願いであれば、こうやって動いていくのですね。
    とてもあたたかい気持ちになりました。
    そしてこのようなあたたかい社会を守っていくのが大人の仕事なのだろうなぁとも思いました。自戒の意味もこめて、大人こそ読みたい1冊です。

    投稿日:2017/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話ベースのお話

    実話がベースのお話です。こういうの弱いので、ウルウルしました。絵も温かみがあるし、作者さんの想いが詰まっていると感じました。

    小学生に読ませたらどんな感想を抱くのか凄く気になります。
    我が子は小学生で、絵本の読み聞かせはもうしてないけど、久々に読んであげたいと思います。

    投稿日:2017/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかい。

    • めらんこりさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳、男の子0歳

    小学校にある大きなクスノキ。
    私の通っていた小学校にも大きな木があったことを思い出しました。

    主人公の女の子の心の拠り所であっただけでなく、様々な生き物にとってかけがえのないクスノキ。
    そのクスノキが切られてしまいそうになり、クスノキを守るために女の子が奮闘します。

    心がとても暖かくなるお話です。

    投稿日:2017/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさな女の子が救った沢山の命

    大好きなクスノキが伐採されてしまうと聞き、1人の小さな女の子がクスノキを守るために奔走します。
    行政や学校という大きな組織が決定した事を、小さな子供でも変えられると信じて動いた仲間たち、そしてその願いを聞き入れてあげた柔軟な考えの市長さん、校長先生、それに新聞社の方々にも感動しました。
    今もこのクスノキは元気に葉を揺らしているでしょうか。
    読み終えて本を閉じた後、実際のクスノキを見に行きたくてたまらない気持ちになりました。

    投稿日:2017/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • うたちゃんの思いが伝わってきました

    • とんえほんさん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子10歳、女の子8歳、男の子6歳

    この木を守りたい、その一心で行動を起こすことのできるうたちゃんの強さというか、強い思いが伝わってきました。
    うたちゃんの「守りたい」というその気持ちにちょっとうるうる来てしまいました。
    そしてその気持ちがみんなにひろがっていって、クスノキを守ることができて本当によかった!

    ただ、絵がもう少し描きこまれていた方が私的には好みに合う気がします。入学式「おめかしして」とあるけれど、いつもと同じような服だし、せっかくならもうちょっと「おめかししてます!」というのがわかるような絵だといいかなと思いました。

    モデルのクスノキを見てみたいです。はやく病気がなおって元気になるといいですね。

    投稿日:2017/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話のようなお話です

    校庭にある、小学校の象徴のようなクスノキです。
    多くの子どもたちと思い出を共にしてきた大樹です。
    どこの小学校にもありそうな風景なので、伝わってくるものも違います。
    この絵本ですごいと思うのは、ウタちゃんの現実的な行動力です。
    小学6年生がここまで、考えること、行動できることに心打たれました。
    クスノキが存在し続けていることと、社会を動かすほどの力を子どもたちに期待したいと思います。

    投稿日:2017/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間と木の心温まるストーリー 受賞レビュー

    優しいタッチのイラスト最初は少しそっけなさを感じました。でもこの素朴さがこのお話の良さを際立てていたような気がします。絵を描かれた方は、教科書の挿絵なども手掛けておられるそうです。

    読み終えた後の、なんとも言えないすがすがしさ、人間と木という関係だけど、しっかりと結ばれた絆が感じられました。
    クスノキは見守られて、切り落とされることなく、また移植してもらった先で元気に根付いています。

    こんな風に救われた命のお話、小学生くらいの子どもなら色々な感想を抱けるのではないでしょうか。

    投稿日:2017/03/04

    参考になりました
    感謝
    0

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット