どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…

どしゃぶり」 みんなの声

どしゃぶり 絵:はた こうしろう
文:おーなり 由子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2018年06月12日
ISBN:9784061333246
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,078
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気持ちいい!!!

    「かさのたいこだあ!」雨の音の擬態語が楽しいです。
    岸田衿子さんの詩「いろんな おとの あめ」も好きです。
    この絵本、はたこうしろうさんの絵からも、文字からも五感に伝わってきて、いい気持ち♪
    おーなり由子さんの作品は、子どもたちに向ける視線が温かくて、自然体で、子どもの生き生きした心が感じられて、大好きです。

    投稿日:2019/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静止画から雨がみえる・きこえる

    大雨って白いよなってこの絵本を見て気づきました。文章の雨音の表現も、ダイナミックな構図の絵も、お見事です。絵本の静止画から雨がみえる・きこえるのです。0歳から大人まで楽しめる絵本だと思います。うちの子は10か月で、まだストーリーは理解しないですが、この絵本を読んであげると音が面白いようで手足をばたばたさせて喜んで聞いています。

    投稿日:2019/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が綺麗

    臨場感のある絵に引き込まれて読んでいるうちに自分が雨になったかのように激しくノリノリで読んでしまいます(笑)

    子どもも理想のシチュエーションなのか食いいるように見入ってました??

    次の雨の日には絵本のように音、匂い、感触いろんな五感を使って雨を感じることができそうです??

    投稿日:2019/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の雨のシーン

    はたこうしろうさんの『なつのいちにち』も素敵ですが、こちらも夏の雨のシーンが鮮明に浮かび上がってくるほど、活き活きとした絵本でした。
    雨を全身で楽しむ男の子の様子がダイナミックに描かれています。
    音の表現も素敵でした。
    今はちょっと季節外れなので、真夏になったらまた読みたいです。

    投稿日:2019/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の雨を五感で

    本来は憂鬱な土砂降りですが、こんなとらえ方もあるのですね。
    夏の雨を五感で感じる作品です。
    暑い夏の午後、入道雲から黒い雲が近づき、土砂降りへ。
    男の子は、その雨を五感で感じます。
    たくさん添えられたオノマトペ、様々なアングルからの光景、
    まさに、臨場感満載です。
    男の子の表情も実にのびやかです。
    こちらまで、五感に伝わってきます。
    幼稚園児くらいから、体感してほしいです。

    投稿日:2018/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨音、雨のしずく、豪雨、にわか雨が視覚的にも、聴覚的にも素晴らしい表現で形づくられていて、思いきり雨を楽しむ少年の心になってしまいました。
    思わず雨の中でずぶ濡れになって、裸足になって、雨がやんだときには、とても幸せになっている…、あのときめきをまだ感じることができたことに、感謝いたします。

    投稿日:2018/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずざあ ずざあ ずざあ ずざあああ

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    文章はほとんどありません。
    はたこうしろうさんの絵で、とにかく雨を感じさせてくれる絵本です。
    おてんばだった子どもの頃、こんな雨のあたり方をしたことがありますが、大人になるとなかなかそんなこともできません。
    思い出して楽しい気分に浸れました。

    特に好きなシーンは
    ずざあ ずざあ ずざあ ずざあああ もっと ふってきた
    の、ところ。
    こういうときって、傘がめっちゃ重いんですよね。この男の子の傘の持ち手に注目してください。重そうじゃないですかー。(いいですねー。はたさんのこういう表現大好きです)

    こういう雨の本は、梅雨の時期に読んでしまいがちですが、個人的には夕立の多い夏に読んであげたい1冊です。

    投稿日:2018/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夕立のあめに濡れてたのしそう

    黒い雲が  モクモク!
    雨が降ってきた〜!
    ぽつっ! ・・・・・ 大粒の雨  あめの臭い 地面の臭い  こんな経験を 自分でしっかりとしている 男の子
    傘に当たる雨の音 
    「うっるさーいーーーーい!」
    あめに言ったら あめは   ざあざあ もっとふってきた

    あめが歌lっている 
    こどもは 雨の中を 傘をほりだし くつも脱いで 走り出す
    とんで ぶっしゃん!  あめの表現がすばらしい!
    あめとあそんだ ぼくの経験のすばらしさ

    あめがやんで  いえで お風呂のシャワーできいろい傘さしてあめの音を体現してるところが おもしろい!(子どもらしい発想)
    でも 夕立のような 大雨の音じゃないのでは?

    なかなか良い作品です
    あめ  雨粒がすばらしい!
    ほんとに うえから降ってくるようです・・・・

    投稿日:2018/07/13

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / さつまのおいも / はっぱのおうち / ふしぎなボジャビのき アフリカのむかしばなし / あかちゃんがわらうから

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット