新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

ぼくのおふろ」 みんなの声

ぼくのおふろ 作・絵:鈴木 のりたけ
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2010年06月16日
ISBN:9784569780610
評価スコア 4.76
評価ランキング 729
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

67件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • お風呂天国

    こんなお風呂が本当にあればどんなに楽しいだろう…というお風呂が満載です。
    お風呂好きにも、お風呂嫌いの子どもにも、大人も楽しめると思います。
    また後半は、絵から犯人を捜すクイズ的な楽しみもあります!

    最近の絵本には、顔など身体の一部分を強調して異常に大きく描いたり、画面全面にいろんな物が描かれていてゴチャゴチャしたイメージの絵本が多いなか、この絵本の絵は、とても見やすく、でもしっかりとファンタジーの広がりがあって、私は好きです。
    なぜかこのごろ、お風呂の絵本がとても気になります。

    投稿日:2017/08/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • マッサージふろ

    全頁試し読みで読みました。読んでいるぶんは、面白くていいなあって思いましたが、私は、やっぱりのんびりお風呂に浸かっていたいから、マッサージ風呂がいいなあって思って入りたくなりなりました。次から次に、いろんなお風呂を思いついて凄いなあって感心しました。明日は、温泉に行ってのんびりしたいと思いました。

    投稿日:2015/02/15

    参考になりました
    感謝
    1
  •  毎日入るお風呂は、いつも同じ。たまには、違うお風呂にも入ってみたいというところから、どんどん発想が広がっていきます。
     その発想が、とっても楽しくて、楽しくて、子供と一緒に盛り上がれます。また、自分ならこんなお風呂がいいな、と考えてみたりすることもできます。
     『しごとば』シリーズを描いた鈴木のりたけさんの絵なので、細かいところまできちんと描かれていて、よ〜く見ると小さな発見があり、見つけると楽しみも倍増です。
     お風呂好きな子にもそうでない子にも、お勧めの一冊です。

    投稿日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • たまにはちがうおふろにはいりたい

    お風呂が嫌いな時期の2歳の息子に読みました。

    「ぼくのトイレ」を読んでから読みました。
    とにかく楽しいです!イヤイヤが強めな息子で、いろんな工夫をしてお風呂に入れようとしていたのですが、お風呂の前にこの本を読むとすぐにお風呂に向かうようになりました。

    お風呂嫌いが治まってからもお気に入りの絵本です。今日はどんなお風呂に入ろうかと話しながら読んでいます。
    僕はこのお風呂、パパはこのお風呂、ママはこのお風呂、じいちゃんばあちゃん先生はこのお風呂とみんなのお風呂を決めてくれます。

    いろんなところに「フロ」「026(おふろ)」が描かれてあり発見した時はびっくりしました!大人も楽しめます!

    投稿日:2021/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • もじゃもじゃあたまのサングラス

    色々な面白いお風呂がたくさん出てきます。
    「どのお風呂がいい?」と、2歳の子どもが楽しんでいました。

    楽しんで、お兄ちゃんの空飛ぶお風呂に入っていたとき、もじゃもじゃあたまのサングラスが大事なお風呂のせんを盗んでいきました!
    さぁ、大変!!もじゃもじゃあたまのサングラスからお風呂のせんを取り返さなくては。

    ここからは、色々なお風呂へ、もじゃもじゃあたまのサングラスを探しにいきます。
    2歳の子どもには、探すのは難しいかと思いきや、楽しみながら一生懸命に探していました。間違い探しは全くしたがらないのに、もじゃもじゃあたまのサングラスは必死で探します。

    とってもとっても楽しめる絵本です。

    投稿日:2020/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろお風呂

    「ぼくのトイレ」に続き、探して読みました。毎日入るいつものお風呂もいいですが、こんなファンタジー要素たっぷりのお風呂もおもしろいですね♪絵本を読む楽しみだけでなく、クイズ的な楽しみもできて二度美味しい?といった感じです。発想がユニークで楽しいです。

    投稿日:2020/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ぼくの」シリーズ第一弾!

    「ぼくの」シリーズは娘たちが大ハマりしたことがあって、続けて3冊制覇しました!中でもこの「ぼくのおふろ」は一番好きだったみたいです。

    鈴木のりたけさんの丁寧に細かく描かれた絵は絵本の域を超えていて、親子みんなで大笑いしながらじっくりと楽しめます☆文章にもリズムがあって読んでいるうちにどんどん絵本の世界に入り込み、気づくと鈴木のりたけワールドにどっぷりハマっています(笑)。

    いろんなお風呂が出てくるので「これはないよね〜!」とか「これは入りたい!」とか姉妹で盛り上がってました。ストーリーも壮大な展開に発展していて読み物としてももちろん楽しめます。

    ひとつのことを突き詰めて考える時間は忙しい現代でなかなかないけれど、こうして絵本のおかげで想像力をフルに刺激されて「おふろ」のことだけ考えるのもいいかもしれないな〜と思いました☆

    投稿日:2020/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ウォーリーをさがせ!」的な絵本

    「ウォーリーをさがせ!」にストーリーがついたような絵本でした。

    「何かを探す」タイプの絵本が大好きな娘はとても気に入っていました。
    しかしながら、良くも悪くも、絵が細かいので探すのが大変でした。

    とても楽しい絵本でした。

    投稿日:2020/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 購入して読みたい本

    • おがめさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    娘が「ぼくのトイレ」が好きなので全ページ試し読みで読み聞かせましたが、この絵本は細部まで細かく描かれているので小さな画面でみる試し読みでは魅力半減!紙の絵本を買わなきゃと思いました。
    それでも読んでいると「お母さんにはマッサージ風呂がいいね」「このお風呂は寒すぎでしょう」「私はこのお風呂が良い」など大盛り上がり!鈴木のりたけさんの想像力はすごいです。

    投稿日:2020/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心身ともに温まる

    鈴木のりたけさんが妄想するおふろワールド。
    もちろん、一筋縄ではありません。
    お風呂がテーマだからでしょうか、意外に心身ともに温まるのです。
    もちろん、主人公の男の子らしく、バリエーション豊かなお風呂が登場しますが、
    両親や兄のためのお風呂までラインナップしているところに感動しました。
    そして、後半は、探し物クイズへ。
    なかなか難易度が高いです。
    でも、それだけに、隅々まで描かれた絵をたっぷり味わうことができます。
    やはり、ラストの光景が一番ほっこりです。
    ここに着地することが素晴らしいです!
    幼稚園児くらいから、たっぷり、ほっこり温まってほしいです。

    投稿日:2019/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

67件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / さつまのおいも / かいじゅうたちのいるところ / こんやはどんなゆめをみる? / おふとんかけたら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

全ページためしよみ
年齢別絵本セット