もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」 みんなの声

いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう 作・絵:バージニア・リー・バートン
訳:村岡 花子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1961年08月
ISBN:9784834000047
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,667
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

101件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 躍動感溢れる絵本。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子13歳

    表紙からして勢いがあり、お話しにぐいぐい引き込まれます。

    モノトーン絵本の代表作として有名な絵本です。
    カラーよりもモノトーンであることで「きかんしゃ ちゅうちゅう」が周りの景色に埋もれることなく生き生きと走っていますね。

    文字の配列デザインもアソビゴコロがあり、絵のバランスもピタリとはまっていて、気持ち良く読めます。

    長く読み継がれる絵本であることに納得の一冊。

    投稿日:2010/03/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 色が付いている??

    白黒の絵なんですが、色が付いているように見えてくる不思議な絵本でした。三歳の子に読んだので、内容としては話が長く感じた様子で途中途中飽きたように感じましたが、読み聞かせを最後まで続けました。ちゅうちゅうが勝手に動き出して行くところに、いけんねー!や、みんながちゅうちゅうが通った道を教える場面に大爆笑などの反応を見せてくれました。
    全て通して見ることはまだできませんでしたが、楽しんで読むことが出来ていたので、読んで良かったと思います。

    投稿日:2019/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 違和感

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    この本を読んでいつも違和感を感じていたのですが
    洋書を読んでやっとわかりました。
    このちゅうちゅうは別にいつもいたずらをする機関車ではなく、
    ある日仕事が嫌になり、注目してほしくて
    逃げだしてしまうんですよね。
    タイトルも「CHOO CHOO」ですし。
    そう考えると、このちゅうちゅうのちょっとした反抗心も
    分からないでもなく、
    可愛いなって思えてしまうから不思議です。
    しかも、おんなの子なんですよね。

    息子たちは静かに聞いていました。

    投稿日:2019/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃん絵本からのステップアップに

    • みちこ*さん
    • 20代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    この絵本を購入したのは長男が最後半年のときでした。
    もちろん、まだまだ早いことは分かっていましたが、
    男の子なので、乗り物好き→ちゅうちゅう好きになってくれたら、赤ちゃん絵本から少し長いお話に進むきっかけになるだろうと思い、いつその時が来ても良いように赤ちゃんの内から家に置いていました。

    長いお話は聞いていられない、白黒のイラストもつまらない!そんな長男がちょうど3歳になった頃、今まで見向きもしなかったちゅうちゅうの絵本を「読んで読んで」と言ってきました。
    一度読むと大ハマり!何度も何度も繰り返し読んで、今では枕元に置いて寝るほどです。

    予想通り、ちゅうちゅうが読めるようになると、他の少し長めの絵本も読めるようになり、しかけや音、イラストで楽しむ→お話を聞いて楽しむことができるようになりました。成長を感じられて、感動します。

    これから、少し長いお話に挑戦したい男の子にピッタリの一冊ではないでしょうか。

    投稿日:2018/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に

    バートンの「ちいさいおうち」は何度もよみましたが、のりものに興味がなかったためか、この絵本を読んだのは大人になってからです。
    が、もっと早くよめばよかったなあ、と。のりものに興味がなくても、お話がおもしろいので。
    そして、なんといっても白黒の絵が力強い。きかんしゃと一緒に動いているように読め、ひきこまれました。

    投稿日:2017/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと悲しい?

    バージニア・リー・バートンさんの作品は、家に『じょせつしゃ けいてぃ』を持っています。
    息子にとって2冊目の出会いとなる本作品はあまりにも有名で、息子が赤ちゃんの頃からいつか読んであげたい、でも、いつ?とタイミングを見計らっていた絵本です。
    慎重になってしまう理由は、色のない絵と、ボリュームでした。

    3歳2ヶ月。最近はずいぶんと長いお話も楽しめるようになったので、一度読んでみて、まだ興味を示さないようなら先に延ばそう、と図書館で借りてきたところ、うれしくも大ヒット!毎晩のように「ちゅーちゅー読んで」といってもってきます。
    「長いお話だから、疲れたら途中で寝てしまってもいいからね」と前置きをして読みますが、寝ませんね(笑)
    でも冒険性のある物語のおかげで満足感が得られるのか、昨夜などは独語1分ほどでスースー寝息をたてて寝てしまいました(笑)寝かせつけ用に一冊買おうかしら。

    さて、この物語。自分勝手な行動をして失敗したちゅうちゅうが仲間に助けられ、最後は反省して元の生活に戻ります。
    よくあるパターンといえばよくあるパターンなのですが、なぜかラストにもの悲しさを感じるのは私だけでしょうか。
    ちゅうちゅうは「自由」の楽しさを知ることができたでしょうか?
    つかの間の自由を謳歌して、そのうえで自ら元の生活に戻ることを選んでほしかったな。
    鎖でつながれて引っ張られて帰るシーンがなんとも印象的です。
    この作品が生まれた国の当時の時代背景を知りたいと思いました。

    ちゅうちゅうを子、仲間の3人の男たちを親(家族)と重ねて読むと、ちゅうちゅうはまだまだ子供だなぁ、と思います。

    投稿日:2017/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ!ワクワク!

    電車愛が止まらない息子に図書館で借りて読んでみました。ある日、客車や貨車をひくのが嫌になってしまったちゅうちゅうが逃げ出す話です。白黒のシンプルな絵ですが、躍動感があり、ストーリーに入り込めます。はね橋があがっていることに気がつかず、橋にさしかかったちゅうちゅうはそのままジャンプして飛び越える場面はドキドキ、ハラハラしました。実際にはありえませんが、そこは絵本の世界ならではですね。弟も気に入った様で、「ちゅうちゅう」といって持ってきます。昔から読み続けられているものは、良書であると思うので、そのうち手元に置いておきたい1冊です。

    投稿日:2016/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車好きだけど

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳の息子に図書館で借りて読んであげました。

    乗り物の中でも特に電車が好きな息子。
    ちょっと早いかなと思いつつも読んでみました。
    最後まで聞いている事は出来たのですが、反応はいまいち。その後、もう一度読んで欲しいと持ってきただけで、図書館に返すことに。
    あまり好みではなかった様です。

    投稿日:2016/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • レトロ感あり

    • はるたろーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子4歳、男の子2歳

    表紙からしてレトロ感がありますが、中も白黒で絵のタッチも古風な外国の絵本、という感じです。
    カラフルな絵本はたくさん読みましたが、こういって絵本は手にとったことがなかったので、息子も珍しくて逆に目立っていたので選んだようです。
    息子はまだ一部しか文字は読めないのですが、この絵本は文字数は多くても、ひらがなとカタカナなので、知っている文字を読もうとしていました。文字を覚えれば自分でも読めるところも良いと思います。

    投稿日:2016/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちゅうちゅうの冒険

    乗り物が出てくる絵本に、あまり興味を持ってこなかった
    娘に、名作と言われているものを読んでみようと思って、
    手に取った絵本です。
    使われている色がシンプルであるがゆえに、なんだか
    迫力を感じ、ぐいぐいストーリーに引き込まれていきました。
    娘も同じ感覚だったのか、だまって、じーっと、絵本を見つめて
    いました。
    ちゅうちゅうの冒険は、結局失敗(?)に終わりましたが、
    元の場所にもどれてよかったねと、言いたくなりました♪

    投稿日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

101件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / いいこってどんなこ? / おやすみゴリラくん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット