もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

くいしんぼうさぎ」 みんなの声

くいしんぼうさぎ 作・絵:せな けいこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年11月
ISBN:9784591083253
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,809
みんなの声 総数 66
「くいしんぼうさぎ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

66件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • せなけいこワールド満載!

    食べ過ぎて太ったうさぎが、地面に沈んで沈んで、地球の反対側まで行っちゃうという、何とも奇想天外なお話。
    地面からうさぎが生えた?!という表現も、さすがはせなけいこさんだなと思います。
    とにかく読んでいて楽しい、気楽に読めるユーモラスな絵本です。

    投稿日:2020/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べることが好きな子に♪

    本当によーく食べる息子に読んであげた絵本です。まだ早いかな?と思いつつも、私自身、子どもの頃に大好きな絵本だったので、ついでにとりました。うさぎちゃんが気持ちのいいくらいによく食べて、ぷくぷくと太ってしまうのが笑ってしまいます。地球の裏側に行ってしまって、どうやったら戻れるかを考えたときの発想が面白いですね♪保育園での読み聞かせでも人気の1冊でした。長く愛される絵本なのがわかります。

    投稿日:2020/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力豊かなストーリー

    • ピーホーさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    食いしん坊のうさぎが食べ過ぎて太って、地面に沈んで地球の反対側までいっちゃうなんて、すごい想像力豊かなお話です!
    しかも、また太ってる戻って来るなんて、愉快なうさぎさん。
    2歳の娘には、まだ地球の反対側とか理解できていないですが、せなさんの優しい絵を見ているだけでも楽しめます。
    大きくなってまた読み返してみるといいなと思いました。

    投稿日:2019/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな発想ができたら楽しいなぁ。

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    こどもの頭の中の空想をとっても素敵に膨らませて上手にまとめてくれたようなお話だなぁと思いました。
    最後も、このあとまたどうなるかな?と空想できる余韻が残っているところが、またいいです。
    地球の裏側にたどりついたウサギさんに目をキラキラさせてる娘の反応も、え?重力は、、、?たぶん行けないよね?という息子のツッコミもどちらもオッケー!そんな子どもたちのいろんな面も引き出してくれるところも魅力に感じました。

    投稿日:2019/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球が丸いことが分かります。

    食べ過ぎて重くなったうさぎが地球の反対側までいっちゃうお話です。
    地球が丸くて反対側があることが描かれていて、お話を楽しみながら知識も増やせちゃうお得感があります。
    それなりに息子も楽しんで一緒に読んでいます。

    投稿日:2017/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ええっ!!

    ぞうさんよりも、かばさんよりも、たくさんたべたら…たくさんたべたら…

    うちの娘の反応は、「ええっ!!」でした(笑)

    どこのパーティーにも呼ばれなくなるほどの、くいしんぼですが、何故か放っとけないカンジです。
    可愛いなぁ♪

    楽しい一冊です!

    投稿日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べ過ぎです(笑)

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    タイトル通り食べるのが大好きなくいしんぼうさぎのお話。食べすぎたうさぎはあれあれあれ…重すぎて地面に沈んでいく!?
    いくらなんでも食べすぎです(笑)。サイズ変化がすごいなー。
    私以外の家族全員に「おかあさんみたい」と言われてしまいました。
    自分ではそんなに食い意地は張っているつもりはなかったのですが…??
    うさぎのキャラクターがせなさんらしく、おっとりというかとぼけたというかという感じで良かったです。

    投稿日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想がおもしろい 

    くいしんぼうのうさぎさんのお話。
    食べ過ぎて、大変なことになっちゃいます!
    予想もつかないことが起きます!発想がすごいなぁと思って感心してしまいました。さすがせなさんの絵本だな〜と思います。
    やっぱり面白いです!!

    投稿日:2016/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に食いしん坊!

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    食いしん坊のうさぎが、食べ過ぎて太り過ぎて、地球の裏側まで沈んで行っちゃう・・・といういかにも子供が喜びそうなお話です。

    しかも、地球の裏側で困ったうさぎの考えた案が、またしても食べて太って同じように沈んで元の場所に戻る・・・って、本当に食いしん坊ですね。

    しかし、自分が今いる地球が丸いことなんて息子は知らないので、沈んだら裏側に・・・ということは、説明してもどうもピンとこない様子でした。
    ジャンプしたんだねーと喜んでいました(笑)

    それはともかく、お話は面白くて食いしん坊ネタに子供は間違いなく喜びます。
    楽しい絵本ですよ。

    投稿日:2015/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子3人で読みました。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。
    (8歳の長男は横から盗み読みしていました)

    くいしんぼうさぎが、食べて食べてどんどん食べて、
    太ってしまって地面に埋まり、地球の裏側まで行ってしまうお話。

    地球がまあるいのはなんとなく分かっているらしき3歳の娘。
    でも、「地球をつきぬける」というのが、
    理解できたのかどうか、とってもアヤシイ・・・。

    ですが、せなけいこさんのかわいらしいうさぎが、
    どんどん食べて太っていく様子をニコニコしながら見ていました。
    そして、最後になんとか元の場所に戻ってこれたのも、
    一応、分かったみたい。

    そばで聞いていた8歳の兄は、
    「これ、どこの国だろうねぇ?アメリカかな?」なんていって、
    妹の借りてきた本を彼なりに楽しんでいました。

    親子3人で楽しめた一冊でした。

    投稿日:2014/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

66件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(66人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット