貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ダニエルのふしぎな絵
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ダニエルのふしぎな絵

作・絵: バーバラ・マクリントック
訳: 福本友美子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「ダニエルのふしぎな絵」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784593504435

課題図書すばこ

出版社からの紹介

ダニエルはいつも、心にうかぶままに絵をかいていました。
おどるコウノトリ、おしゃれをしたキツネ……、
空想のつばさをひろげると、
ふしぎな絵がつぎつぎに生まれてきました。
ところがダニエルのおとうさんには、
その絵がぜんぜん理解できなかったのです。

相手をおもいやり、受け入れること。
自分らしい創造の世界を
大切にすること。
そんな気持ちがえがかれた、
ちいさな家族の物語。

ベストレビュー

自由に描こう!

ダニエルって、男の子の名前だと思ったら、女の子でした。
とっても絵が上手なダニエルだけど、ちょっぴり変わった絵なのです。
町の風景をスケッチすると、犬は魚の姿に、母子は鳥の姿に…、そんな感じです。

独特の感性をもつダニエル。
そのことは、ダニエル自身も悩ますことに…。
だけど、ダニエルはある出会いによって気づくのです。
絵を描くのにきまりなんてない、表現するのは自由だってことに。

父娘の愛、生活をしていくために必要なこと、じぶんでじぶんの道をみつけるということ。飾っておきたくなる美しい絵!
いろいろな要素の詰まった、とってもいいお話でした。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バーバラ・マクリントックさんのその他の作品

ふたりはバレリーナ / おじいちゃんのコート / シンデレラ / ないしょのかくれんぼ / 12種類の氷 / イソップのおはなし

福本 友美子さんのその他の作品

おやすみ、はたらくくるまたち ダンプカーのいろいろいろ / おやすみ、はたらくくるまたち ショベルカーの1 2 3 / どうなってるの? うちゅうとほし / だいすき ライオンさん / ちいさなエリオット おおきなまちで / はつめいだいすき



「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

ダニエルのふしぎな絵

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット