ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ホネホネさんのなつまつり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ホネホネさんのなつまつり

作・絵: にしむら あつこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「ホネホネさんのなつまつり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年07月

4才から
こどものとも年中向き 2006年7月号

出版社からの紹介

夏祭りが近づき、ホネホネさんの町の人たちも祭りの準備ではりきっています。屋台が並び、カメスケさんとナマズさんの曲芸もあり、最後にホネホネさんが大太鼓をたたき、夏祭りはにぎやかに楽しく行われました。ホネホネさんとホネコさんのふたごの子どもたち、ホネミとホネタも曲芸を見たり盆踊りを踊ったり、楽しそうです。人気者の「ホネホネさん」の絵本、第5作です。

ベストレビュー

夏の楽しいイメージがふくらみます

ホネホネさんは、我が家のお気に入りなので、即購入しました。今回は、夏祭りがテーマです。夏祭りを何よりも楽しみにしている長女にとって、さらに待ち遠しくなる一冊でした。ヨーヨーとかき氷と・・と言いながら、楽しみにしています。

いつものメンバーが、ホネホネさんの配達した手紙を通じて夏祭りの準備をします。そのわくわくがたまらないですね。
また、今回はホネホネさんが太鼓担当ということで、華々しく主役らしい見せ場があったのも良かったと思います。

それとホネホネさんって結婚したんですね。おめでとう!
4作目だけ読んでいないので、これは要チェックです。
ホネホネさんは見た目が少々怖いけど、子供のホネタくんホネミちゃんは小さいからか非常にかわいらしいです。
うちの子も、かわいいといって新しい仲間に非常に共感しています。
また裏表紙で、すぐ走ってころんでしまったのを見て「私たちとおんなじだね」といって、喜んでいました。

今後は、ホネタくんとホネミちゃんのストーリーも期待できそうですね。
(AAさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子2歳)

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

にしむら あつこさんのその他の作品

漢字だいぼうけん / トランプおじさんと家出してきたコブタ / ルルル ラララ / わがやのホットちゃん / ぐぎがさん、ふへほさん、おつきみですよ / ジャングルめがね



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

ホネホネさんのなつまつり

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.21

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット