十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
もりのこびとたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もりのこびとたち

  • 絵本
作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: おおつか ゆうぞう
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年05月
ISBN: 9784834008418

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

りすとかくれんぼをしたり、かえるととびくらべをしたり、森のおくに住むこびとの家族の春から冬までの生活を、やわらかいタッチで描いた魅力的な絵本。

ベストレビュー

おしまいのない おはなし

 絵本を開いて、一番驚くのは、構成の仕方です。
全ての見開きのページで、
左側は、明度をつかって白黒の濃淡で、
右側は、彩度をつかって深い森のなかの世界を描いています。
その中で、こびと達の帽子の赤と白が
眼に飛び込んで印象的です。
文章は全て、左側に書かれているので、
右側では、心おきなく絵画を楽しめます。
贅沢なレイアウトに感激します。

こびとの家族の一年を追ったお話は、
大冒険や大事件があるわけではないけれど、
こびと達の日常そのものがファンタスチックで、引き込まれます。
まつかさのよろいで闘ったり、
かえるやこうもりと仲良しだったり、
妖精とシーソーしたり・・・夢の様なことばかり。
こびとになった気分になってきます。
ファンタジーだけど、身近に感じられる世界ですね。
作者が最後に語っているように、
続きのお話を、自分でも考えられそうな気がしてきます。
(MAYUMIさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エルサ・ベスコフさんのその他の作品

カイとカイサのぼうけん / 雪のおしろへいったウッレ / クローカ博士の発明 ベスコフ童話集 / きみ どこへゆくの? ―スウェーデンの子どものうた― / おひさまがおかのこどもたち / あおおじさんのあたらしいボート

おおつか ゆうぞうさんのその他の作品

ふゆのはなし / くさはらのこびと / しあわせな ふくろう



『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

もりのこびとたち

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.48

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット