宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
さかさのこもりくんとおおもり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さかさのこもりくんとおおもり

  • 絵本
作・絵: あきやま ただし
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 2007年02月
ISBN: 9784774610504

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

こもりくんのお父さんは“おおもり”。さかさ言葉しか話せないこもりくんとお父さんのへんてこであったかなお話です。

さかさのこもりくんとおおもり

ベストレビュー

こもりくんそっくりのお父さん登場!

「さかさのこもりくん」の続編ということで、ワクワクと手にとりました。
こもりくんそっくりのお父さん、おおもりの登場です!

蝙蝠の父子、おおもりとこもりくんは
さかさまにぶら下がっているから、話す言葉もさかさま。
字を追って読みきかせる私は、時々混乱してちょっとした脳トレですが、
聴いている息子は、絵を見てイメージがあるせいか、
すんなりストーリーを理解し、逆さ言葉のおかしみを楽しんでいました。
もちろん、「お父さんのおなら、すごーくいいにおーい」は大喜び!

また、楽しさの一方で、父子の絆に心がほんわかするお話でもありました。
母親(というより私?)は、ずっと子どもと一緒にいるせいで、
責任感や、子どものことでも自分のことのように思えるからか、
失敗しないよう先回りしてしまうことが多い気がします。
でも、おおもり父さんみたいに、信じてちょっと突き放すぐらいの関わりが、成長をぐっと後押しすることもあるのだろうなぁ。
あきやまさんから、読み聞かせるお母さんに、子どもを信じれば大丈夫ってメッセージが込められているようにも感じました。
「がんばるな!」

シリーズで沢山の本がありました。
これは制覇するしかありませんね。
言葉と反対の意味の抑揚の難しさに、まだまだ泣かされそうです。
(ランタナさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

へんしんたんてい / へんしんテスト / たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット



「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

さかさのこもりくんとおおもり

ママの声 46人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット