あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
あたまにかきの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あたまにかきの木

  • 絵本
作: 小沢正
絵: 田島 征三
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年07月
ISBN: 9784774604169

B5判横 各巻28ページ

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

酒飲みで怠け者

日本の民話ということで、柿の季節にぴったりです。
じろべえさんは酒飲みで怠け者、ということで、
る日酔い覚ましに柿を食べた時、うっかり種を飲み込んでしまったのです。
すると、頭に柿の木が生え、柿が豊作、ということで、
じろべえさんはそれを茶店で売って、飲み代にしてしまうのです。
苦情が来て、木が切り倒されたら、その切り株にきのこが生え、
またまた飲み代に、でもまた苦情が来て、と次々展開していきます。
民話らしい、大ボラ話、と言えなくもありませんが、
発想が面白く、なんと大らかなお話でしょう。
田島さんの豪快な絵がマッチしていて、愉快です。
酒飲みで怠け者で過ごすというのは、
ある意味、毎日働き尽くしのみんなの理想だったのかもしれませんね。
民話の大らかさを体感してほしいです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小沢正さんのその他の作品

まほうのかさ / こぶたのぶうくんと しりとり / こぶたのぶうくん / アラジンとふしぎなランプ / リンカーン / へんてこパン

田島 征三さんのその他の作品

わたしの森に / ぼく、おたまじゃくし? / 紙芝居 しっぺいたろう / あめが ふるふる / もりモリさまの森 / オオカミのはつこい



だいすきな「おともだち」を食べちゃった!?ラストは衝撃の…

あたまにかきの木

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

絵本紹介サイトの声 1人

絵本紹介サイトの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット