なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ちいさなろば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさなろば

  • 絵本
作: ルース・エインズワース
絵: 酒井 信義
訳: 石井 桃子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「ちいさなろば」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年11月
ISBN: 9784834018936

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から

おはなし

雪の降るクリスマスイブの日、牧場に住む黒いろばは女の子たちにサンタクロースのおじいさんについて教えてもらいます。おじいさんはイブの夜やってきて、くつ下の中にプレゼントを入れてくれるというのです。ろばは自分もプレゼントがもらえたら、どんなに素敵だろうと思いました。
 その夜、ろばは偶然にも話に聞いたサンタクロースのおじいさんを見かけます。おじいさんは、足を痛めた一頭のトナカイのかわりにそりをひいてくれないかとろばに頼みました。「お手伝いしますとも!」とろばは喜んで、お手伝いを引き受けました……。

みどころ

与えること、捧げることの素晴らしさを伝えるクリスマスのメッセージが、ろばの思い、行為を通して静かに語られる秀作です。
 クリスマスイブにプレゼントを配る話を聞き、やさしいサンタクロースの存在にひかれた小さなろば。幸運にもその夜、おじいさんを手伝う機会を与えられ、ろばは喜んでそりを引きます。ろばの純真な心は、クリスマスの清らかさそのもの。透明感のある水彩画がその清純さを柔らかく描き、ページごと心が洗われます。小さなろばへのクリスマスプレゼントは何だったのでしょう。
 落ち着いた濃い赤の表紙は、クリスマスの美しさを集約しているかのように気品があります。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

昼間遊ぶときも夜眠るときもひとりぼっちのちいさなろば。クリスマスイブにプレゼントを配る手伝いをしたろばに、サンタクロースがくれたものは……。心温まる美しい絵本。


ちいさなろばは、昼間遊ぶときも、夜眠るときも、ひとりぼっちです。囲いのなかをぐるぐる走り回っているちいさなろばのところに、二人の女の子がやってきて、「きょうはクリスマスイブだからサンタクロースがプレゼントをくれるの」と話していきました。その夜、鈴の鳴る音で目が覚めたろばの目の前に、トナカイのひくそりに乗ったサンタクロースが現れて、「足を痛めたトナカイの代わりにそりをひくのを手伝ってくれないか」と頼みます。ちいさなろばは張り切ってそりをひきます。プレゼントを配り終わって牧場にもどったろばに、サンタクロースは「あしたの朝、なにかがおまえを待ってるよ」と言います。さて、クリスマスの朝、ちいさなろばを待っていたものは、それはそれはすてきなものでした!
『こすずめのぼうけん』『黒ねこのおきゃくさま』など、子どもの心をとらえるお話の名手、エインズワースの原作が、石井桃子の名訳と酒井信義の格調高い絵で、美しい絵本になりました。


ベストレビュー

ろばの 望んだもの

クリスマスシーズン、いろいろなクリスマスの絵本を読む中で
友人に紹介されて、この本を読みました。

ひとりぼっちのろばが、
人間の女の子にサンタさんのことを聞き
自分のところにもサンタさんが来てくれるだろうかと思っていると
クリスマスに、サンタさんがやってくる。

傷ついたトナカイの代わりに一晩働いて
疲れ切ったろばが
サンタさんに望んだプレゼントは
一緒にいてくれる、友達のろば。

ああ そうだな。
自分にとっても、
育児に疲れ切った時
子どもたちとうまくいかなかったとき
夫と気持ちがすれ違いつらいとき・・・
支えてくれるのは、大切な友達の存在。

この絵本を教えてくれたのも、
そんな大切な友達のひとりです。

毎日の生活の中で
イライラや、不満や、誰かを羨む心
そんな気持ちになることもたくさんあるけれど
夫と、かわいい子どもたちと、よき友達に恵まれて
それで、十分、しあわせなことだな
改めて、そんな当たり前のことをおもいました。

まだ、子どもたちとは読んでいませんが
こころの落ち着いた時間に
読んで聞かせたいと思います。
(よにんこママさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子6歳、女の子4歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

ルース・エインズワースさんのその他の作品

きかんしゃホブ・ノブ / あかいぼうしのゆうびんやさん / きかんしゃホブ・ノブ / きかんしゃボブ・ノブ / 大型絵本 こすずめのぼうけん / チャールズのおはなし

石井 桃子さんのその他の作品

イーヨーのあたらしいうち / プーのはちみつとり / プー あそびをはつめいする / 子どもに歯ごたえのある本を / ことらちゃんの冒険 / 福音館文庫 山のトムさん ほか一篇



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ちいさなろば

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.76

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット