話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

みどりの しっぽの ねずみ

みどりの しっぽの ねずみ

  • 絵本
作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 好学社 好学社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1979年
ISBN: 9784769020110

かめんにとりつかれたねずみのはなし

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


カナガキ事務局長、廣川暁生さんに聞く、レオ・レオニの魅力


レオニ賞、Bunkamura賞決定!!


谷川俊太郎さんサイン本など、豪華賞品当選者発表!

▼ 絵本とあわせて欲しい♪タオルやポーチ、Tシャツなど。
>>レオ・レオニグッズはこちら

出版社からの紹介

森の奥で平和に暮らす野ねずみ達。ある春の日、町からやって来た町ねずみに祭りの話を聞き、自分達もお祭りをしようと準備します。ところが仮面を付けてる間に・・・

みどりの しっぽの ねずみ

ベストレビュー

仮面の魔力

表紙のトーンと「かめんにとりつかれたねずみのはなし」という副題が暗示的です。
平和に暮らしていた野ねずみたちが町のねずみと出会い、
仮面パレードのお祭りの話を聞きます。
早速まねし始めた野ねずみたちは、仮面をかぶることで・・・。
訳者の谷川俊太郎さんはこの作品に、レオニの不安を感じ取っています。
確かに、レオニのやりきれないメッセージも感じられます。
展開や色調に、ちょっと怖がる子ども達もいそうです。
でも、この状況は、戦争の状況とそっくりに思います。
武装することで、だんだんと憎しみの感情に染まっていくという恐ろしさ。
本筋とはあまり関係なさそうなみどりのしっぽが題名であることも、
恐怖よりも愚かさを忘れまい、ということでしょうか。
少し考えさせる、重いテーマの潜んだ作品だと思いました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子14歳、男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,276円
1,320円
1,650円
770円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
473円
660円
275円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みどりの しっぽの ねずみ

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.26

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら