ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
カッパのあいさつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カッパのあいさつ

  • 絵本
作: 高畠 那生
出版社: 好学社 好学社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年03月02日
ISBN: 9784769023265

3歳くらいから
263o×210o/32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

知っていましたか? カッパの挨拶が後ろ向きだということを……。
二人のカッパ、ミドッパとアカッパは、カッパの挨拶をしたときに、勢いがありすぎて、頭の皿を割ってしまいました。
「とりあえず、かわりのさらを のせなくちゃ」という2人の頭に、そばにいたおねえさんが乗せてくれたのは、コーヒーカップと受け皿。
「これって、へんなの」と文句を言うミドッパ。「とりあえずだよ、とりあえず」と慰めるアカッパ。コーヒーカップを頭に乗せ歩き出す2人は、その後、街中で誰かと会うたびに、次々と頭に乗せる「さら」が変わっていきます。
大きな取り「ざら」、“「さらさら」ヘアー”のかつら...。
2人は望みどおりの皿を手に入れることができるのでしょうか? その皿はいったいどこにあるのでしょうか……。

心配がちなミドッパと「とりあえずだよ、とりあえず」と大らかなアカッパの2人は名コンビ。2人に次々に起こるとんでもない「皿」の悲劇に笑いながら、「とりあえずだよ、とりあえず」と口ずさみたくなってしまいます。

高畠那生さんの「さら」のだじゃれも愉快な、ユーモア絵本です。

長く絶版になっていた作品ですが、装丁・判型が変わり、復刊版として嬉しい再登場です!

(木村春子  絵本ナビ編集部)

カッパのあいさつ

出版社からの紹介

赤と緑の仲良しカッパが巻き起こす、爆笑ストーリー。
ある日、ふたりの頭のさらが割れたから、さあ、大変!
何かかわりのさらをのせなくちゃ!そしてふたりが頭にのせたのは…。
だじゃれが楽しい、読み聞かせにぴったりの一冊です。

ベストレビュー

とりあえずのおさらさがし

楽しいおはなしです。絵もたのしいです。
かっぱのあいさつはうしろむき。えっ!本当?
ミドッパとアカッパが、げんきに挨拶した拍子に、ゴーンとぶつかって
お皿がわれてしまいました。
それって大変なことじゃ、、と思ったけど、そうでもないようです。
ふたりは、とりあえずのおさらを探しますが、言葉遊び、だじゃれ
つぎつぎでてくる、さらの数々。
サラサラヘアとかあざらしとかいまさらとかね。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高畠 那生さんのその他の作品

まねきねこだ!! / フワフワ / たまたまタヌキ / かこちゃんはひとりっこ / みんなにゴリラ / あるひ こねこね



『いちにちじごく』作者インタビュー

カッパのあいさつ

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.23

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット