宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ふしぎなやどや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふしぎなやどや

  • 絵本
文: はせがわ せつこ
絵: いのうえようすけ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふしぎなやどや」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年06月15日
ISBN: 9784834010398

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数: 36
サイズ: 27X27cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

妖しい術で客をろばにしてきた三娘子は、若者の手にかかり今度は自分がろばにされてしまいます……。
中国唐代の伝奇から再話したふしぎな世界が、迫力ある絵でくりひろげられます。

ベストレビュー

三娘子のふしぎな手箱が気になります。

子どもの頃、このお話を子ども向けのラジオドラマで聞いて、とても怖ったのを覚えています。
馬になってしまう美味しいソバもち(私が聞いた時はお饅頭だった気がします)って、いったいどんな味がしてるんだろう。とか、
三娘子のふしぎな手箱に入っている小さな人たちの世界って、どうなっているんだろうとか、思ったものです。

この絵本では中国に伝わるこの昔話を井上洋介さんの絵で力強く表現されていて、とても面白いです。
文は長谷川摂子さんなので、声に出すと心地よい日本語になっています。
こういう話に触れると、中国の術師や仙人といわれていた人たちは、ほんとにすごい力を持っていたんだろうな〜と、思わずにはいられません。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はせがわ せつこさんのその他の作品

このへやあけて / くらい くらい / おでかけ ばいばい / めんめん ばあ / おでかけばいばいのほん(全3冊) / おじょらぽん

いのうえようすけさんのその他の作品

なくのは だーれ / このあしだれのあし / まえむきよこむきうしろむき / もくべえのうなぎのぼり / おいてけぼり / このあしだれのあし



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

ふしぎなやどや

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット