たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ふしぎなやどや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふしぎなやどや

  • 絵本
文: はせがわ せつこ
絵: いのうえようすけ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふしぎなやどや」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年06月15日
ISBN: 9784834010398

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数: 36
サイズ: 27X27cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

妖しい術で客をろばにしてきた三娘子は、若者の手にかかり今度は自分がろばにされてしまいます……。
中国唐代の伝奇から再話したふしぎな世界が、迫力ある絵でくりひろげられます。

ベストレビュー

三娘子

たびあきんどの趙が、三娘子の宿で泊まった時に、不思議な光景を目にしました。朝食のそばもちを食べた途端、一人残らずロバにされてしまいました。三娘子が、ロバたちを裏庭に追い立てると、客のお金や荷物をすっかりせしめてしまったのを見た趙は、一月あまり立ってから三娘子の宿にやってきて、三娘子にそばもちを食べさせてロバにしてしまいました。今まで沢山の人をロバにした罰で、ロバを死ぬまで働かせようとした趙ですが4年の月日が流れると、老人が現れると「これは、いろいろ悪いことをしたが、おまえさんにかかって、随分長いこと苦労したようだ。もうこれくらいで、許してやってくださらんか」と、不思議な老人に助けられてロバの口から飛び出した三娘子は、深く老人に頭を下げるとどこかに走り去ってどこへいったのか誰にもわからないという中国の昔話でした。最後まで不思議な話でした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はせがわ せつこさんのその他の作品

このへやあけて / くらい くらい / おでかけ ばいばい / めんめん ばあ / おでかけばいばいのほん(全3冊) / おじょらぽん

いのうえようすけさんのその他の作品

なくのは だーれ / このあしだれのあし / まえむきよこむきうしろむき / もくべえのうなぎのぼり / おいてけぼり / このあしだれのあし



ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

ふしぎなやどや

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット