となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
でんしゃがくるよ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

でんしゃがくるよ!

作・絵: シャーロット・ヴォーグ
訳: 竹下 文子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年08月
ISBN: 9784032014600

対象年齢 3・4歳から

この作品が含まれるテーマ

みどころ

 電車が好きな子供達のわくわくする気持が手に取る様に伝わってきます。どこの駅の鉄橋にも必ずいる電車が来るのを待つ親子。そうです。電車が来て真下を通り過ぎて去っていく、これだけの事が理屈抜きに本当に楽しいのです。なんでだろうなぁ・・・そう思ったら実際に見に行くべし!姿、音、振動を体感してるのですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

でんしゃがくるよ!

出版社からの紹介

橋の上でまっていると??くるよ、くるよ、電車がくるよ。電車好きな子どもたちのワクワク感をみごとに表現した絵本。

ベストレビュー

電車好きにはたまらない

 息子が幼児の頃に買ってあげようと思っていた作品。娘がその年になってやっと手に入れました。うちの近くにもこんな場所があるので、初めて目にしたときからこれはピッタリ!と魅せられていました。この絵本のように、歩道橋の下を線路が走り貨物列車や客車が行きます。海岸沿いなので、潮風が気持ちいい。お天気のいい日は最高です。やはり列車が通過するときはたくさんの人が歩道橋にやってきて見物します。
 太平洋沿いを走る貨物列車は貨車の数が多くてとにかく長い。こっちの岬からあっちの岬まで、ずっと貨物列車が走り続けているという光景にはびっくりでした。長いものは最初の最後まで2マイル(4キロ)の長さとか。踏み切りで待つときもこれに当たってしまうと10分ぐらい待たなくてはならず、気が長くなくてはやっていけません。でも大人にとってはただの列車でも、子供にとってはもう魅力たっぷりの対象。ガタンガタンという音、風圧、重量感、動き、魅せられるものはたくさんあるのでしょうね。
 電車の大好きなお子さんにおすすめの絵本です。
(ムースさん 40代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり / すすめ!うみのきゅうじょたい / まだかなまだかな / ポテトむらのコロッケまつり / こねこのえんそく はるののはら



入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

でんしゃがくるよ!

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット