ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
からたちばやしのてんとうむし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

からたちばやしのてんとうむし

  • 絵本
作・絵: かこ さとし
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1973年02月
ISBN: 9784032061000

対象年齢:3・4歳から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

からたち林の二十八星てんとう虫は、欲ばりでいばりん坊で、他のてんとう虫をこまらせます。虫になぞらえた作者得意の寓話です。

ベストレビュー

沢山のてんとうむし!

これはかこさんシリーズではマイナーなのかな?
「からたちばやしのにじゅうやほしてんとう虫は、欲ばりでいばりん坊で、てんとだいじんと呼ばれ、他のてんとう虫に恐れられています。そのてんとだいじんに子供が産まれたり、死んだり、お祭りがあったりで、なにかとてんとだいじんにお義理立てするにも、その都度怒りに触れ、ひどい目にあわされてしまいます。最後はてんとだいじんもいなくなり、平和な春が来るのを待っている・・・。」
こんな感じの内容ですが、毛虫、蟻地獄、クモの餌食にされてしまったり結構残酷。なのに、悪者は風に飛ばされていなくなるという、ヒーロー話としてはあれれれ?
しかし、沢山のてんとう虫がかわいらしく、アイデアを出し合っているところがケナゲでおかしかったりします。
(ぽぽろんさん 20代・ママ 女の子3歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かこ さとしさんのその他の作品

過去六年間を顧みて / こまったこぐま こまったこりす / あさですよ よるですよ / あかですよ あおですよ / コウノトリのコウちゃん / 未来のだるまちゃんへ



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

からたちばやしのてんとうむし

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.08

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット