ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほんの試し読みができます!
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
手遊びうたから人気の童謡まで、200曲を美しいイラストともに収録。歌詞、楽譜付き!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
おさらをあらわなかったおじさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おさらをあらわなかったおじさん

  • 絵本
作: フィリス・クラジラフスキー
絵: バーバラ・クーニー
訳: 光吉 夏弥
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥780 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年
ISBN: 9784001151350

4.5歳以上

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

おはなし

 町外れの小さな家に、一人で住んでいるおじさんがいました。このおじさん、おいしいごちそうを作って食べるのが大好き。でも、食べ終ったときにはくたびれてしまって、後片付けがいやになってしまいます。始めのうちは、流しの中が汚れたお皿でいっぱいになる程度だったのが、次第にテーブル、本棚、椅子、ラジオの上と、どんどん場所が占拠され、いつの間にか家中、汚れたお皿でいっぱいになってしまいました。

みどころ

 汚れたお皿を洗わないという、こっけいな状況がユーモラス。こんな事態になってもまだまだお皿を洗わないおじさん……という展開が、次はどうなるのかという興味を抱かせます。このお話は、ガンに病む小さな男の子のために作者クラジラフスキーが書き送った手紙の中の一話で、その子が一番好きだったものだそう。子どもたちには明るい笑いをという作者の信条がそのまま表れたストーリー展開に納得です。黒、濃赤、黄緑の3色のみで表現した端正なイラストが、さらりとこのユーモアを演出します。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

おいしいごちそうを作るのが好きで,食べるのも大好き! けれども,食べ終わったときにはもうくたびれて,家じゅうよごれたお皿だらけ…….一人暮しのおじさんは,さてどうしたでしょう?

ベストレビュー

構図

表紙の構図が楽しかったのでこの絵本を選びました。主人公のおじさんが徹底した性格なのが良かったです。どんな状況になっても自分の好きな料理だけは決してやめないところが筋が通っていて気に入りました。どんどん重なっていくお皿に魅せられました。
(ぴょーん爺の娘さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


バーバラ・クーニーさんのその他の作品

ホイホイとフムフム たいへんなさんぽ / クリスマス / 雪の日のたんじょう日 / 3びきのこいぬ / どうぶつたちのクリスマス / 福音館文庫 キルディー小屋のアライグマ

光吉 夏弥さんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / ねことバイオリン / ちびっこ大せんしゅ / うさぎがいっぱい / だんごをなくしたおばあさん / ぼくはめいたんてい(6) ゆきの中のふしぎなできごと(新装版)



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

おさらをあらわなかったおじさん

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.37

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット