もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
うちにあかちゃんがうまれるの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うちにあかちゃんがうまれるの

  • 絵本
作: いとう えみこ
写真: 伊藤 泰寛
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うちにあかちゃんがうまれるの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年12月
ISBN: 9784591083710

出版社からの紹介

あかちゃんの誕生と、それを迎える家族の表情を、6歳の少女・まなかの目から描きます。こころあたたまる写真絵本。

ベストレビュー

家族誕生を家族で歓迎♪

自宅出産の様子を綴った、写真絵本です。
奥さまの4人目の出産の様子を旦那さんが写真に収め、
奥さまが文章を担当して制作された作品です。

上の3人のお子さん達の優しい表情もとても素敵で、
写真から「本当に素晴らしい ご家族なんだなあ」
ということが十二分に伝わってきます。

長男の ちひろ君が14歳。(中1)
難しい年頃にさしかかっているのに出産に立ち会っているのが、すごい!

次男の たくみ君が10歳。(小4)
お母さんが陣痛に耐えている時に腰をさすってあげています。
赤ちゃんのへその緒を切ってあげたのは、なんと!お兄ちゃん2人。

長女のまなかちゃんは7歳。(小1)
赤ちゃんが可愛くて可愛くて仕方がない様子。
学校に行く前、赤ちゃんを抱っこしようとしたけど眠っていたから
小さい声で「いってきます」を言っているところに優しさを感じます。

最後のページで、4人きょうだいの足が並んでいる写真が
人生の年輪を表しているようでいいですね♪
(YUKKOさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう えみこさんのその他の作品

おめでとう たいせつなあなたへ / いっぽ にほ さんぽ! / きょう のぶに あったよ



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

うちにあかちゃんがうまれるの

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット