おかしなゆきふしぎなこおり おかしなゆきふしぎなこおり
文・写真: 片平 孝  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
冬の日。外へ出かけてみると、雪や氷の、おかしな、ふしぎなかたちが見つかります。きれいで、迫力あふれる冬の写真絵本です。
ヒラP21さん 60代・パパ

雪と氷の芸術作品
雪が作った不思議な造形に見とれてしまい…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おおぐいひょうたん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおぐいひょうたん

絵: 斎藤 隆夫
再話: 吉沢 葉子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おおぐいひょうたん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784834021158

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

ひょうたんの原産地アフリカでは、ひょうたんはスプーンやお椀などの食器や、楽器などに使われ、生活に密着した植物です。アフリカにはひょうたんのでてくる昔話が多くあります。

ベストレビュー

こわいところはあるけれど

小学三年生のクラスの読み聞かせに使わせていただきました。

西アフリカの昔話ということで、人々の衣装や住んでいる土地のようす、住居など、絵でえがかれているものすべてに興味がいってしまいます。
そして、かわいいひょうたんの登場に、どんな楽しいことが起こるのかと期待していると。。。無言になってしまう場面が続きます。
こわさを感じてしまいますが、最後は、ほっと安堵する。昔話ならでは展開でした。
こわい内容があると、読み聞かせするときに、躊躇してしまいますが、
長く受け継がれた昔話であるなら、これまでの人々の人生の糧になった本。きっとだいじょうぶと信じて読みました。これからの世の中には、もっともっとたいへんなこともあるでしょう。そのようなときに、このような昔話が力を与えてくれると思うと、私自身ももっといろいろ読んでみたいと思わざるを得ません。
(けいご!さん 40代・ママ 女の子17歳、男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

斎藤 隆夫さんのその他の作品

国生みのはなし〜イザナキとイザナミ〜 / かえるの 竹取ものがたり / これもむしぜんぶむし / クモのつな / ずいとんさん / きつねのばけものでら



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

おおぐいひょうたん

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット