だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
たまごねえちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たまごねえちゃん

作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784790251347

4歳児から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

大人気「たまごにいちゃん」シリーズに、ついに女の子「たまごねえちゃん」が登場! 女の子の気持ち、お父さんの気持ち…。読む人に痛いほど伝わってきます。そしてユーモアたっぷりの展開は、本編でももちろん健在。「たまごにいちゃん」ファンも、はじめて読む方も、楽しめること間違いなし!

ベストレビュー

娘が欲しかった作者の願望…?

「たまごにいちゃん」は、
早く大きくなって欲しいとお母さんが願っても
いつまでも赤ちゃんでいたいと殻を割らずに
甘えている、お兄ちゃんのお話でした。

この「たまごねえちゃん」は、
お父さんのことが大好きな女の子。
いつも我がままを言って、お父さんを試しています。

お父さんも、いつまでも我がままを言って
甘えてくれる娘が可愛くて仕方ないので、
2人していつまでも殻が割れないように大事にしています。

作者のあきやまさんは2人の男の子のお父さん。
娘さんはいないそうです。
本当は娘さんが欲しかった あきやまさんは
娘さんのいるお友達を「大変だなあ…」と思いつつも
父と娘の関係がちょっぴり羨ましくもあるそうで。

この絵本の原画を見た時に、この絵本の登場人物2人と
そのご友人と娘さん父娘の姿とがダブったそうですよ。

そう言えば、我が家のパパと三女の関係も
いつまでも赤ちゃん扱いしたい父親と、
いつまでも赤ちゃん扱いして欲しい娘。
なんだか、とっても似ているなあ…。
(YUKKOさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん / ほしいもマン



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

たまごねえちゃん

みんなの声(71人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット