しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
105にんのすてきなしごと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

105にんのすてきなしごと

  • 絵本
文: カーラ・カスキン
絵: マーク・シーモント
訳: なかがわ ちひろ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「105にんのすてきなしごと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年06月
ISBN: 9784751526934

23×17.4cm・46頁

12歳〜 編集部おすすめ

出版社からの紹介

105の心をひとつに合わせ、流れ出すのは・・・。すてきな仕事を始める前の大切な準備。
みんなの知らない時間を、こっそりお見せします。美しい音楽のヒミツがわかる楽しい絵本。

105にんのすてきなしごと

ベストレビュー

ちょっとしたマイナーチェンジが

104人の演奏者と1人の指揮者。
金曜日の夜に行われる音楽会が始まるまでのメンバーの行動が、観察したかのように描かれています。
音楽を始めるまでの、何か特別なことがあるのかと思ったら、ごく普通の生活。
オーケストラのメンバーも普通の人間なのですね。
…。

と、どこかで見た絵本だと思ったら、『オーケストラの105人』じゃないですか。
作詞家岩崎時子さんの訳で、どちらかというと大人系のイメージで受け取っていたら、なかがわちひろさんの訳は、子供向けのひらがな解説調。
「これもありか」と思いつつ、どこか夕暮れ時の雰囲気を感じて、『オーケストラ…』を再読。
原因は紙でした。
『オーケストラ…』の絵本が白地なのに対して、『105にん…』はクリーム色の暖色系。
これは技ありです。
見比べてみてください。
この絵本では、なぜか足だけで登場する団員まで気になるほどの、夕暮れ時のはらはらドキドキ感が加味されています。
『オーケストラ…』と『105にん…』のどっちが良いかというと…。
どちらも良いのです。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


カーラ・カスキンさんのその他の作品

マウス一家のふしぎなさんぽ / オーケストラの105人 / どれがぼくかわかる? / あめのひってすてきだな

マーク・シーモントさんのその他の作品

ウォーリーと 16人のギャング / ぼくはめいたんてい(11) ペット・コンテストは大さわぎ(新装版) / ぼくはめいたんてい(12) だいじなはこをとりかえせ(新装版) / ぼくはめいたんてい(10) 2るいベースがぬすまれた?!(新装版) / ぼくはめいたんてい(9) ねむいねむいじけん(新装版) / ぼくはめいたんてい(8) きえた草のなぞ(新装版)

なかがわ ちひろさんのその他の作品

きょうりゅうたちのいただきます / にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たち / ぶきみなよるのけものたち / ソーニャのめんどり / きょうりゅう きょうりゅう ミニブック(ボードブック) / ことりのおそうしき



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

105にんのすてきなしごと

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット