ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
うらしまたろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うらしまたろう

  • 絵本
作: 松谷 みよ子
絵: いわさき ちひろ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うらしまたろう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1967年
ISBN: 9784033031903

5・6歳から

出版社からの紹介

助けた亀の背にまたがって、竜宮城を訪れた浦島太郎。よく知られた昔話を、幻想的なみずみずしい色調で描いた絵本です。

ベストレビュー

それぞれのうらしまたろうU

「うらしまたろう」ならば知っていると思っていたのですが、読んでみるととても奥の深さを感じさせられます。
これだけ数多く出されているお話もあまりないのではないのでしょうか。
お話にもバリエーションがあり、描き方にも作者の思いがあり、ファンタジーであったり、ラブストーリーであったり、メルヘンであったり、ヤングアダルト系だったり…。
艶っぽい乙姫様がいたリ、可愛い乙姫様がいたり…。

この松谷みよ子さんのお話は、あとがきにもありますが様々な伝承の中で、社会体制のことを考えながら、独自のアレンジを施しているのでしょうか。
子どもたちにいじめられている亀を助けられた、それは乙姫様が姿を変えた亀でした。
乙姫様の父親の竜王の願いに従い乙姫様と生活を続けるうらしまたろう。
お話の中で展開される四季の光景は、陸での生活そのもので、不思議な感じがしました。

そしていわさきちひろさんの透明感のある絵は、うらしまたろうのお話をイメージの世界に誘います。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

ともだち<復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら<復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん / 講談社文庫 ちいさいモモちゃん

いわさき ちひろさんのその他の作品

絵本 窓ぎわのトットちゃん 1・2巻セット / ゆびきり / トットちゃんとカマタ先生のずっとやくそく / 千の風になって ちひろの空 / 井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法 / あおいとり



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

うらしまたろう

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット