新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

へんしん!たまごにいちゃん

へんしん!たまごにいちゃん

  • 絵本
作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784790251873

出版社のおすすめ年齢:4・5歳〜
21.0×25.7cm(表紙21.3×26.3cm) 28ページ

出版社からの紹介

昨日のたまごにいちゃんと今日のたまごにいちゃん。変わっていないように見えて、実は毎日どんどん変わっている…。そんな日々の大変身をユーモアたっぷりに描きました。

ベストレビュー

いろんな切り口が楽しめるシリーズ♪

たまごにいちゃんシリーズも、どんどん出てますね〜。
(遅ればせながら、読破目指します〜!)

あれ、たまごから出たはずの「たまごにいちゃん」が、またまた、たまごの中に戻ってる〜?!
と、不思議に思いながら最後まで読んで納得。
そっかあ、これは、あの記念すべき日の、前日のことなのね〜?!

いろんな切り口で、このシリーズを描き続けるあきやまさん。
またまた、感動させてもらいました〜。ありがとう♪

そうです。そうなんです!
子どもって、毎日いろんな経験をしながら、少しずつ変身=成長しているんですよね。
毎日見ていると、つい見落としてしまって、気付かないこともありますが、気付いた時には、「え、こんなに大きかったっけ?!」「いつのまに、そんなことできるようになったの?!」「そっかあ、そんな一丁前の考え方するようになったんだね〜?!」と、びっくりさせられます。

まだまだ「変身真っ最中」の子どもたちを、たまごにいちゃんの両親や、あきやまさんのような、大らかな気持ちで見守っていけたら素敵だなあと感じました。

このシリーズ、出た順番じゃなく、できごと順に並べて読んだら、おもしろそうですね。
未読の「たまごにいちゃんぐみ」も、ぜひ読んでみたいです。
(ぼのさん 40代・ママ 男の子15歳、女の子13歳、女の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,650円
1,650円
1,540円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,870円
440円
495円
165円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

へんしん!たまごにいちゃん

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 26人

ママの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら