新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
きつねのかみさま

きつねのかみさま

  • 絵本
作: あまん きみこ
絵: 酒井 駒子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2003年12月
ISBN: 9784591079539

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
ラジオ大阪

出版社からの紹介

りえと弟は、きつねの子たちとなわとびをして遊びました。それはりえのなわとびなのに、きつねの子は神様がくれたというのです。

ベストレビュー

子どもが読むか、大人が見るか

りえちゃんが公園に忘れたなわとびのひも。
それを弟のけんちゃんと探しに行ったら…。
なわとびをするきつねたち、きつねのりえちゃんとの遭遇。
なわとびのひもをかみさまからもらったととくいなきつねのりえちゃん。
とってもほのぼのとするお話は、まちがいなくあまんさんのものです。

でもっと、ちょっと考えてしまった私です。
酒井駒子さんの絵は、どちらかというと大人うけする絵のように思っています。
ざらついた感じ、すこし硬度のあるタッチは絵本を読んでいる大人を引き込んでしまう魔力を秘めているような感じがします。

そして、この絵本はあまんさんの世界は間違いなく子ども向け、絵を楽しむ大人には酒井さんの画集です。
一冊で2倍楽しめるというと失礼ですが、あまんさんのお話は数多くの方が絵を描いていて、それぞれに個性があります。
どの絵本でもあまんさんの作品は絵と融合した本にしあがっていて、絵を突っぱねないところが魅力です。
酒井さんは、どの作家の絵を描いても必ず自分の世界に引き込んでしまうのが魅力です。

あなたはどのように感じるでしょうか。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,155円
1,430円
1,320円
1,760円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
495円
550円
1,848円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら