ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぼく、まってるから」 みんなの声

ぼく、まってるから 作:正岡 慧子
絵:おぐら ひろかず
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年02月
ISBN:9784577040690
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,437
みんなの声 総数 15
「ぼく、まってるから」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お互いの思いやりの気持ち

    「全ページ試し読み」で
    楽しませていただきました

    ピンクの紅の梅や桃、桜は
    もちろんですが
    一面の黄色の菜の花
    ほんと、待ち遠しい気持ちを
    きれいに表してくれています
    いいですね

    それと、くまくんを思うねずみくん
    ねずみくんを思うくまさんが
    とっても素敵でいいんです

    大好きだからこそ
    そのお友達にどうしたら
    喜んでもらえるか
    いっしょに、どう楽しんでいくか
    なんですよね
    それには、「待つ」ことも大事です

    種をまきながら
    つぶやく姿のいじらしいこと

    自分とは違うことをまずはわかること
    そして「待つ」をしたから
    なおのこと
    嬉しさ倍増ですよね

    仲良しさんがとっても羨ましいです

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねずみくんの顔がすごくいいな

    ネズミ君が初めてくまくんと出会ったとき、くまくんは菜の花を見ていました。すっかり仲良くなった二人は春から夏、秋とずっといっしょにすごしました。
    冬の間のネズミ君、雪だるまを作ったり、種を買いに行って一所懸命まいたり、祈りのようなつぶやきがちゃんと眠っているくまくんに届いているのですね。
    ねずみくんのやさしさがすてき。大好きな絵本です。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がかわいい

    ストーリーはなんとなく当たり前な感じで結末がわかっちゃいますが、絵がかわいいから癒されます。そして小さなねずみとおおきなくまの組み合わせがいい感じです。くまくん冬眠してしまうためねずみくんはくまくんが大好きな菜の花の種をまきます。娘は、くまくんが冬眠するのを知らないので病気で寝込んでいると思っているようです。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくんのように

    長い冬から目覚めるくまくんを待つねずみくん。絵も可愛らしく、心あたたまるお話です。そして、深いお話です。
    どんなに仲の良い友だちでも、みんな生き方はちがう。ちがって当然。時には調子の悪い時もあるし、長く休みたいときもある。その間、ねずみくんのように待ちたいし、また、待ってもらえればいいなと思いました。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が温かくなります

    友達をとても大切に思うネズミくんがとても愛らしくて、そんな素敵な友達を持つくまくんが、とても羨ましいです。友達になってとても嬉しい気持ち、友達に会えなくて寂しい気持ち。友達の事を怒らずにずーっと待っていて、その上友達が喜ぶ事をずっとしていてくれたネズミくん。感動です。子供にも絶対読んであげたい本だと思いました。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくんとくまくんはばったりであって友達になりました
    ねずみくんは、野菜を作るのが得意 くまくんは魚を捕まえるのが得意
    お互いに 優しい心のステキなお友達に くまくんは冬になるとねむります 春まで冬眠するのです

    ねずみくんは さびしい思いで 春を待ちます
    くまくんが 目を覚ましたときに 大好きな菜の花のたねをまいてまっています(こんな友情 うらやましいですね!)

    くまくんも 大好きなねずみくんの夢を見て あいたい思いを募らせています
    お互いの 優しさがなんともいえないですね

    二人は春に菜の花のいっぱい咲いたところで 幸せいっぱい  出会いました

    春の 菜の花の香りが漂うような ステキなお話でした

    掲載日:2015/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春を待つ気持ち

    ねずみくんとくまくんの友情物語です。

    春に出会ったふたりですが
    夏や秋を経て
    熊さんが冬眠する冬がやってきます。

    春までの眠りにつくくまを
    ねずみはただ呆然と待つのではなく
    くまが喜ぶ顔を想像しながら
    ある計画を実行し、春を待つのです。

    冬は「待つ季節」
    でも、それは、次に来る春を期待させる季節。

    全編にあたたかさと未来を感じる
    輝きある一冊です。

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさに包まれて

    菜の花畑の中にたたずむねずみ君の愛らしい表情と「ぼく、まってるから」というタイトルからもこの絵本の優しさが伝わってきます。

    大切な友達になったくまくんとの春夏秋の楽しい毎日、冬になって冬眠してしまうときの切ない気持ちがきゅんと心打たれます。

    でもこの絵本の安心できるところは、くまさんは眠っているだけでまた春になれば一緒に遊べるのです。冬の間、我慢すれば、また楽しい時間が過ごせるとわかると安心してページをめくることができました。

    冬眠しかかっているくまくんに必死に話しかけるものの、もう遊べないとわかったときにねずみくんがそっとかけるお布団のシーンがとても好きです。


    とてもほのぼのした温かな気持ちに包まれる絵本です。

    掲載日:2014/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくんとくまくん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    なかよしのともだちになったねずみくんとくまくん。
    いつもいっしょな2匹ですが…冬はそういえばくまって冬眠するんでしたね。
    ともだちのくまくんが言った好きなものをしっかりと覚えていて、くまくんが寝ている間にくまくんが起きた時に喜ぶだろうとすてきなものを準備してくれるねずみくんがいいなー。
    相手を想い大切にできるともだちってすてきです。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちっていいな

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    ねずみくんとくまくんのすてきな友情のお話。
    毎日ねずみくんとくまくんは仲良く遊んでいました。
    でも冬が近づくと
    くまくんはねむりに入ってしまいます。
    ねずみくんはさみしくって仕方ないのですが
    けなげに春になることを楽しみにしながら
    くまくんがおきるのをまっているのです。
    菜の花がすきなくまくんのために
    種をまいて準備するのです。

    そして春になります。
    ねずみくんとくまくんが再開するところはジーンときました。

    掲載日:2014/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット