なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

もぐらのホリーともぐらいも」 みんなの声

もぐらのホリーともぐらいも 作・絵:あさみいくよ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784033314204
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,636
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 今の時期にぴったりの絵本だと思ったので選びました。主人公がもぐらいもと出会った事で人生が輝きだすのが良いと思いました。土の中の様子をとても分かりやすく描いているのも気に入りました。主人公の表情の描写が極上でした。気持ちが伝わってくる絵本でした。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • おいもほりの季節を迎え、おいもにちなんだ絵本を探していてアンテナにかかったのがこれ。
    「いもほり」でない切り口で描かれているのがいいな、と思い手に取りました。
    いっぴきのもぐらと、もぐらみたいな形のおいもとのふれあいというちょっと意外なストーリーにのっとって描き出されているのは、お友だちを思いやる心や、子孫を残すという生命の力。
    優しい絵と子どもの親しみやすいお話の展開で、しかし、とても大切なことを伝えている絵本でした。
    娘の反応は…、
    ホリーともぐらいもが地下水の泉を見に行ったり、トンネルの滑り台で遊ぶシーンは、とても楽しそう。にこにこしています。
    もぐらいもが弱ってしまって、地上で動かなくなってしまい、ホリーが泣きながら土をかぶせてやるシーンでは、悲しそうな顔をしていました。
    ちょっとでも悲しいシーンがあると、それは読みたくない!と言ってしまう、まだまだ楽しいものが大好きな3歳の娘ですが、ストーリーは感動的な展開をしていきます。
    ホリーにお嫁さんが来て家族が出来ると、「あかちゃんだ!!」と大喜び。
    さらに感動のラストシーン「おいものあかちゃん」の登場は、娘の心をすくいあげました。
    土の中のへびや虫の幼虫…地上の植物なども丁寧に描き出されていて、色んな発見があり、物語はゆたかに広がります。
    とても素敵な作品です。
    ラストのもぐらいもの顔は、とても深みがあり、お母さんの胸をも打つことと思います。

    掲載日:2010/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • もぐらいもの挿絵がグー!

    息子が1人で読み、これ面白いねん!と紹介してくれた絵本です。
    挿絵もかわいいらしいですし、お話もホッと心が温かくなるような感じでした♪

    もぐらといえば土の中。
    ホリーが土の中を掘って進んでいると、もぐらの形をしたさつまいもと出会います。
    この出会うシーンの挿絵が息子は気に入ったようです。
    さつまいもの姿ってたしかにモグラに似ていますしね^^;

    ラストはどうなるのかと最後の方はハラハラドキドキでしたが、
    とっても素敵なラストが待っています。
    最後まで楽しませてもらえる作品でした♪

    掲載日:2009/01/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵な友情

    ある日、主人公のもぐらのホリーが、土の中でもぐらにそっくりのサツマイモに出会いました。
    このお芋、おしゃべりが出来るんですよ♪
    そして、もぐらとお芋はお友達になって、楽しく一緒に遊んですごすのですが・・・
    ストーリーの半ばで、とても読者をはらはらさせる出来事がおきてしまうんです。
    でもラストでは、なーんだそういうことだったのか、と安心するとともに、心温まる出来事が待っています♪
    もぐらもお芋も、その形は違えど幸せをつかむことが出来て。
    もぐらくんがお芋を心配する気持ち、幸せになったお芋を見る暖かい目線・・・。
    この2人(?)の友情がとっても素敵なお話です。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • もぐら抱っこしたい

    もぐらいもが微妙に擬人化されているのでどんな展開になって
    いくのかハラハラしました。死んじゃうってどういうことなんだろう?
    とか、歩けないのに泳げるの?とか。最後にはハラハラしていた私でも
    納得できるおいもになっていたのでよかったです。
    娘は、もぐらを抱っこしたくて抱っこしたくて仕方ないようです。
    他のもぐらの本ではそんなことはなかったのに。
    おそらくこちらの絵本のホリーがかわいかったからだろうなあ
    (でも、姿形は本物のもぐらに近くていいなと思います)。
    「どうしてもぐらちゃんはその辺にいないのか?」
    「もぐらちゃんに餌をあげたい」など、うるさいです(笑)。
    もぐらちゃんは地面の上には出てきたくないこと、人間にも
    会いたくないことなどを説明しても納得しません。
    それに、本物のもぐらちゃんは結構見た目はグロテスクだったり
    するから見たらびっくりすると思うのだけどなあ。

    掲載日:2012/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか勉強にも

    ホリーともぐらいもの友情物語。
    ホリーがもぐらいもを思いやる気持ちに心があたたまります。
    さらにおいもがどうやって育つかなんかもお話を通してわかりますし、
    土の中の昆虫の様子もリアルに表現されていて
    なかなか勉強にもなります。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれの生き方

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    もうすぐ3歳になる娘、お芋が大好きです。
    でもこの話は、おいしそうな焼き芋の話ではなく、もぐらとモグラのかたちをしたお芋の友情のお話。それぞれの生き方があって、それでもお互いを思い合って、相手のために自分の苦手なことにも立ち向かう勇気も描かれていて、「もぐら」と「いも」なのに感動的なストーリーに仕上がっています。
    娘は保育園に通っていますが、2歳児クラスはまだまだ自己中・・・。お友達のことを思いやって行動することは難しいようです。だから、このお話もちょっと難しかったかなと思います。あと1年ぐらいしたらもっと楽しめるのではないかと期待しています。

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せになれてよかった

    もぐらのホリーともぐらいもは、とても仲良しのお友達みたいに思いました。二人で楽しく遊ぶ様子が嬉しく思いました。ホリーには、お嫁さんと子供3匹の家族、もぐらいもには、5個のこいもとの結末にとても満足な私でした。賑やかな家族が増えることにとても幸せを感じました。地面の下の絵もとてもスリリングでよかったです。地下水の泉の水の色がなんとも綺麗で五色沼に行ったことが蘇えり思い出に浸っていた私でした。とても幸せな気持ちになれて感謝しています。

    掲載日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸がきゅうってなります

    毎日楽しく暮らす、もぐらの「ホリー」と おいもの「もぐらいも」。

    命がけで もぐらいもを守とうとするホリー。
    そして、別れ…。

    読んでいて、胸が「きゅうっ」ってなりました。
    でも、もぐらいもとホリーは再会することができます。
    悲しいまま終わらないのが、嬉しかったです。
    子どもには、悲しみを乗り越えた先のかすかな「希望」を
    見つめられるようになってほしいので…。
    だけど、年月の流れは、ちょっぴり切ない余韻が残りました。

    静かだけど、ココロに強く響く「名作」です。

    掲載日:2010/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな感動があります

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    おいもの絵本ということで選んだのですが、期待以上の収穫があったと思います。
    まずは、おいもを掘るといった視点ではなく、地中でのもぐらやおいものようすを垣間見ることができたこと。もぐらとおいもが遊ぶようすは、本当にこんなことが地中で起こっていると思うと、楽しくなります。
    それから、お話の展開。楽しいことばかりが続くのではなく、季節が移り行くと、ちょっぴりさみしい悲しいできごとが起こるものです。そして、それだけじゃなく、うれしいこともそれに続きます。その流れを、子どもたちはこの絵本を通して汲み取り、人生とは?といった大きなテーマになにげなく触れることができるんだなあって思いました。
    それから、おいもの一生について。芋ほりはしたことがあるけど、おいもって実際どのように育つんだろう?って疑問が、この絵本を読むことで、少し解決できるんじゃないかなって思いました。

    秋の読み聞かせに、ぜひぜひおすすめの一冊です。

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット