宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
よるのこどものあかるいゆめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よるのこどものあかるいゆめ

  • 絵本
作: 谷川 俊太郎
写真: むらいさち
出版社: マイクロマガジン社 マイクロマガジン社の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年02月15日
ISBN: 9784896376180

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】寝かしつけに最適な水中絵本

出版社からの紹介

「めを つむってごらん
よるがゆめで あかるいよ
ゆめはゆらゆら ゆれながら
だれかがねるのを まっている」(本文より)

やさしくリズミカルな詩と、
幻想的で鮮やかな写真が織りなす不思議な世界。

体も心もリラックスし、心地よい眠りへと誘う1冊です。
海中をゆっくりと散歩しているような読み心地に、
いつのまにか親子でぐっすり夢の世界へ。

よるのこどものあかるいゆめ

ベストレビュー

だれにとっても…

贅沢な見開きページをめくった瞬間から、
南国の水上コテージでさざなみの音が聞こえて来るような…。
天蓋つきベッドで深い眠りに落ちていくような…。
そんな世界へと引き込まれます。

普段、海に潜った事がない子どももおとなも、
夢の中なら空だって飛べる。。。
海にも潜れる。。。

そんな自由な夢の世界へといざなってくれる、
むらいさちさんのファンタジックなパステルカラーの水中写真にのせた、
谷川俊太郎さんのリズミカルな詩の子守唄。

おとなだってみんな昔は子ども。

子どもたちへの読みきかせはもちろん、
現代の眠れぬおとなたちにとっても効果アリの子守唄になる一冊です。
(Fantasistaさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷川 俊太郎さんのその他の作品

ガンピーさんのサイ / まるのおうさま / あるくくま / アラマせんせいとげんごろう ことばあそびのたび / 講談社文庫 100万分の1回のねこ / あしながおじさん



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

よるのこどものあかるいゆめ

みんなの声(79人)

絵本の評価(4.79

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット