話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

生きる

生きる

  • 絵本
詩: 谷川 俊太郎
絵: 岡本 よしろう
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年03月05日
ISBN: 9784834083262

自分で読むなら:小学中学年から
ページ数:44ページ
サイズ:26X20cm

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

生きていること いま生きていること……とさまざまな人生の瞬間の情景を連ねる、谷川俊太郎の詩『生きる』が初めて絵本になりました。小学生のきょうだいと家族がすごすある夏の一日を描き、私たちが生きるいまをとらえます。足元のアリをじっと見つめること、気ままに絵を描くこと、夕暮れの町で母と買い物をすること……。子どもたちがすごす何気ない日常のなかにこそ、生きていることのすべてがある、その事実がたちあがってきます。

ベストレビュー

1つの家族の日常の情景

とても素敵な詩の絵本でした。
谷川俊太郎さんの詩を絵本にしたものです。
谷川さんのあとがきを読むと、この詩を書いたのはだいぶ前のことだったそうです。(昭和の香りはしますが、古さは感じません)
谷川さんが書いたあとがきも素晴らしいので、この作品を手にした時はぜひ、あとがきまでしっかりと読んでいただきたいなぁと、思います。
絵を担当された岡本よしろうさんは、一つの家族の「ある日」を追うようにして描かれていました。
それが谷川さんの「詩」の風景にとても合っていて、読みやすかったです。

幼稚園の年長さんくらいの男の子と、3つ上くらいの女の子、おとうさんとおかあさん、それにおじいちゃんの5人家族の日常です。

≪生きているということ
 いま生きているということ≫
という言葉に合わせて描かれているのは、リビングに置かれた一枚の写真。
それは、下の男の子が生まれたばかりの、お宮参りに行っている写真でした。写っているのは赤ん坊の男の子、小さいお姉ちゃん、お父さんお母さんと、おじいちゃん“おばあちゃん”です。
「いま」この家族におばあちゃんはいません。

子どもたちの洋服や遊び道具、町の商店街など、昭和のにおいのする風景でした。
なんと、町を歩いている人がひとりも携帯をいじっていいない!
(最近はどこに出かけても大人も子どもも携帯をいじってますよね〜)
子ども部屋に置かれた小さな扇風機も、商店街の壁にかかっている「氷」の店頭幕(でいいのかな?)も昭和っぽいです。
ただ一つ、とても平成のモノっぽかったのが、薄型テレビ!リビングのほかのものはどれも昭和っぽかったのに、なぜ、テレビは薄型だったのでしょうか。

1ページ1ページじっくり見せながら小学校4年生以上の子どもたちに読んでみたいな〜と思いました。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
990円
1,320円
1,320円
1,045円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
2,420円
2,970円
275円

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

生きる

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら