話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
アルマの名前がながいわけ
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

アルマの名前がながいわけ

  • 絵本
作: フアナ・マルティネス-ニール
訳: 宇野 和美
出版社: ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年10月08日
ISBN: 9784902257403

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
236mm×245mm 32ページ

みどころ

「アルマ・ソフィア・エスペランサ・ホセ・プーラ・カンデラ」。

……長い!
でも、これがアルマの名前なんですって。
アルマも思っているのです、長すぎるって。
ぜーんぶ書こうとすると、紙からはみだしちゃう。

だけど、これにはこんなわけがあるのだと、
アルマのパパが教えてくれます。

ソフィアは、アルマのおばあちゃんからもらった名前。
本と詩とジャスミンの花が大好きだったおばあちゃん。
もちろんパパのことも。

「わたしも、本や花がすき。それに、パパもだいすき!」

ほらね、アルマの中にはソフィアもいる。
エスペランサはひいおばあちゃん、ホセはおじいちゃん。
そしてそして……。

パパが教えてくれた名前の由来、なんて素敵!そして、アルマはアルマ。家族で最初のアルマ。どんな物語がつくられていくのでしょうね。

ペルーの首都リマで生まれ育った作者フアナ・マルティネス-ニールによるこの絵本は、2019年度コールデコット賞オナーを受賞。自分の名前が自分らしくなっていくって、どういうことなのかな。ちょっと考えてみたくなりますね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

アルマの名前をぜーんぶ書くと、アルマ・ソフィア・エスペランサ・ホセ・プーラ・カンデラ。
ながすぎです。
なんでこんなにながいのか、って?
それにはね、わけがあるんです。

名前にこめられた、家族のものがたりを、パパがアルマに語ります。

2019年度コールデコット賞オナー受賞絵本

ベストレビュー

愛が込められているんですね

以前テレビで、名前がとっても長い人がいるというのを見たことがありました。あ、こういうことだったんだって納得です。
おじいさん、おばあさん、ひいおばあさん、おおおばさん。たくさんの人とつながって今自分がここにいる不思議さ、たくさんの人の愛が自分を支えていてくれていること。それを名前を継承していくことで伝えていくのって素敵だなって思いました。

(みっとーさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子8歳)

関連記事

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

アルマの名前がながいわけ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら