季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

しっぽのはたらき」 みんなの声

しっぽのはたらき 作:川田 健
絵:薮内 正幸
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1972年
ISBN:9784834003154
評価スコア 4.75
評価ランキング 762
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

60件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • しっぽには役割があるのですね

    表紙のところから、誰のしっぽか動物当てクイズになっています。動物を当てながら、しっぽにはいろいろな役割があることを紹介されている、科学絵本でもあります。絵の緻密さは本物そのもののようで、見いってしまいました。
    科学絵本は、できるだけ本物に近い現実感が大切だと思いました。

    投稿日:2020/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々なしっぽ

    クイズ形式で沢山の動物のしっぽが絵で描かれています。
    説明がとても詳細でしっぽにはどんなはたらきがあるのかわかります。孫悟空ではありませんが、しっぽってとても不思議な感じ。しっぽ取りゲームも幼稚園で流行っていたこともありました。賢くなれる絵本です。

    投稿日:2020/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になる!

    動物のしっぽの役割が、かわいい挿絵でわかりやすく紹介されていました。大人でも「へ〜、そうなんだ〜」と言いたくなるものばかりでした。うちの子の感想は、果物をもぎとったり、枝をつかんだりすることができるしっぽが一番欲しいと言っていました(笑)

    投稿日:2020/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • クイズ形式

    薮内正幸さんの描く動物は、いつも、どれも素晴らしいです。
    こちらの絵本では、動物たちのしっぽの役目を紹介してくれています。
    移動のため、威嚇のため、ハエを追い払うため、感情表現のため、などなど、動物によって、しっぽの役割は違うんですね。
    大人も勉強になりました。
    「このしっぽの持ち主はなんでしょう?」というように、クイズ形式になっているのも楽しかったです。

    投稿日:2019/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんの しっぽでしょう?

    動物の体の一部とし、しっぽの部分や、ヒントがあるので、

    「なんの しっぽでしょう?」と、クイズ形式になっているのが、

    クイズの大好きな孫たちには、嬉しい絵本だと思いました。

    くもざる・にぽんざる・いぬ・うし・りす・かんがるー・きつね・

    いるか・がらがらへび・かなだやまあらし・とかげ・と、しっぽの

    役割や名前が学べていいなあと思いました。

    投稿日:2019/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 尻尾に焦点をあてた絵本

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    動物のしっぽに焦点を当ててお話が描かれています。
    動物の尻尾は長さ、形、役目など、それぞれに特徴があります。

    にほんザルは群れで生活し、その中にはボスザルがいるということ。
    しっぽを立てるのは「ぼくはつよいんだぞ」というアピールであること。
    牛は尻尾でハエを追い払い、カンガルーはしっぽで体を支えるなど、
    様々な知識がこの1冊から得られます。
    この絵本から学んだ知識を知っているのと知っていないのとでは
    動物園で動物を見る楽しさが全然違います。

    投稿日:2019/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • よく分かる!

    動物達の持つしっぽがどんな風に役立てられているのかが紹介されています。
    ひとくちにしっぽと言っても、はえを追い払うためだったり、威嚇だったり、舵の役目をしていたりと様々で、大人が読んでも面白いなぁと思います。

    投稿日:2018/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっぽの働きって色々あるんだ

    動物によって、しっぽの働きって色々あるんだということがよくわかる科学絵本です。
    表紙のしっぽは、くもざるのしっぽでお話に繋がっている所も素敵です。

    クイズ形式になっていて、とっても面白かったです。

    息子は、牛のしっぽがハエたたきの役目をしているのがすごくビックリしたようでした。

    何度も読んでとせがまれた絵本です。

    投稿日:2018/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしいです

    7歳の娘に読み聞かせしました。
    こちらの絵本、内容がとても素晴らしいのはもちろんのこと、つくりがいいですね。
    ページをめくると答えがわかるようになっていて、さらにそれぞれのページがつながっている!
    娘と一緒にドキドキしながらページをめくるのがとても楽しかったです。

    投稿日:2018/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り!

    最初は、あまり興味を示さないかもしれないなーと思いながら購入したのですが、大ヒットしました!最初のページに、これは誰のしっぽでしょう?とヒントと一緒にしっぽの絵が描かれており、ページをめくると答えと解説が書かれています。子どもは「カナダヤマアラシ」を覚えたくて、毎日、読んで!と持ってきていました。今では、ママが答えてね!と自分で読んでくれます。このような本は、子どもの好奇心を触発するので良い本だと思います。同じように動物園に行っても、絵本でのこういった知識があると、動物の観察の仕方も変わってくるのではと期待しています。

    投稿日:2018/04/04

    参考になりました
    感謝
    0

60件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今月の新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット