だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
うさぎさんてつだってほしいの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさぎさんてつだってほしいの

  • 絵本
作: シャーロット・ゾロトウ
絵: モーリス・センダック
訳: こだま ともこ
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年
ISBN: 9784572002013

幼児から
177×202mm・32p

うさぎさんてつだってほしいの

出版社からの紹介

女の子が、うさぎさんに手伝ってもらいながら、赤いもの、黄色いもの、緑のもの、青いものと、お母さんにあげる誕生日プレゼントを次々に選んでゆきます。
お母さんを思う気持がよくあらわれた心あたたまる絵本です。

ベストレビュー

「プレゼント何がいいかしら。」

 今日はお母さんの誕生日。なのに「私」は何もプレゼントするものを持っていません。そこで女の子はうさぎさんに相談します。お母さんの好きな赤い物はないかしら。黄色いものは・・・緑のものは・・・。そしてうさぎさんと女の子は次々とプレゼントを集めていきます。
 女の子の「赤い色って何があるかしら?」等々の問いかけに、子供たちは大興奮。自分の知っている赤いものを次々と口にしました。足の長いうさぎさんが、なんともかっこいい頼りがいのあるお兄さんに見えるのは私だけでしょうか。遠慮がちに木の陰からうさぎさんを見ている女の子の絵から物語は始まり、無事にプレゼントが出来上がったところで、物語は一旦終わるのですが、裏表紙が出た途端、また物語が始まりそう・・・。今度は女の子はどんなことをうさぎさんに手伝ってもらおうとしているのでしょうか。
(まあちゃん235さん 30代・ママ 男の子8歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シャーロット・ゾロトウさんのその他の作品

おやすみおやすみ / おにいちゃんといもうと / おとうさん / なかなおり / おじいちゃんがだっこしてくれたよ / ぼくは赤ちゃんがほしいの

モーリス・センダックさんのその他の作品

そんなときどうする? / バンブルアーディ / そんなときなんていう? / ムーン・ジャンパー / ぼくはきみで きみはぼく / くま! くま! くまだらけ

こだま ともこさんのその他の作品

ナンタケットの夜鳥 / 最古の魔術書 (3) ブラック・レコニング  / ラブリーオールドライオン おじいちゃん、わすれないよ / アーチー・グリーンと魔法図書館の謎 / ワニくんとパーティーにいったんだ / あたし、メラハファがほしいな さばくのくにモーリタニアのおはなし



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

うさぎさんてつだってほしいの

ママの声 27人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット