くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
だれがいちばんはやいかな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だれがいちばんはやいかな

  • 絵本
作・絵: マイケル・グレイニエツ
訳: いとう ひろし
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年05月
ISBN: 9784871101608

出版社からの紹介

ちいさなカタツムリが、どうぶつたちと競争することになりました。さあ、その結果は?
最後の最後で「なーるほど!」の楽しいおはなしです。豊かな色彩もすてきな絵本。ぜひ、おすすめの一冊!
ちいさな生き物たちを、あたたかい目でみつめるマイケル・グレイニエツさん。今回もあたたかくユーモラスに描いています。

ベストレビュー

「うさぎとかめ」のマイケル・グレニエツ版

いとうひろしさんが邦訳されていましたが、面白いのはタイトルの文字は高畠純さんなんですよ。
「お月さまはどんなあじ?」のマイケル・グレニエツの作品です。
イソップ物語「うさぎとかめ」の著者版といった感じです。
「自分が早いと思っている動物」がウサギだけでなく、
ウマとネコとニワトリも登場しています。
そして“のろまな生き物”の代表はカメではなく「カタツムリ」でした。
登場するそれぞれの動物の特性を上手に生かしたオチが楽しかったです。

絵を邪魔しない工夫と思われますが、文字が白抜きになっているページが多いです。
低学年くらいのお子さんたちになら読み聞かせに使っても面白そうですが、教室での読み聞かせ打と、こういう白抜きの字は大変読みづらいので、使うときは下読みをしっかりしていったほうがよさそうです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

マイケル・グレイニエツさんのその他の作品

こざる 10ぴき がんばる! / こねこ9ひきぐーぐーぐー / フィアボ / いのちのいろえんぴつ / おとぞうさん / だれかさんの目

いとう ひろしさんのその他の作品

ルラルさんのえほん(8) ルラルさんのだいくしごと / おさるのよる / へんたこせんちょうとくらげのおうさま / もとこども / さいごのひみつ / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック)



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

だれがいちばんはやいかな

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 32人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット