こいのぼりぐんぐんこどもの日! こいのぼりぐんぐんこどもの日! こいのぼりぐんぐんこどもの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
これ1冊で、「こどもの日」のことがまる分かり!
なーお00さん 30代・その他の方

ストーリー仕立てで分かりやすいです
しっかりとしたストーリー仕立てになって…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
恐竜トリケラトプスと巨大ガメ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

恐竜トリケラトプスと巨大ガメ

  • 絵本
作・絵: 黒川みつひろ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1996年10月
ISBN: 9784338101059

幼児から
31×22cm/39ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】「恐竜トリケラトプス」シリーズレビュー大賞発表!

みどころ

新天地をめざし南へ旅する長い長い冒険物語。その主人公は、草食恐竜トリケラトプスの子リトルホーンです。今から7000万年前のアメリカ大陸、肉食動物たちの奇襲を避けるため、トリケラトプスたちはビッグホーンを中心に群れをなして南へと向かっているのです。

シリーズ5作目となる今回は、旅の途中、大きな海が目の前に広がるところから始まります。
リトルホーンにとっては生まれて初めて見る海、興奮して遊びまわっていると、巨大ガメのアーケロンと出会います。アーケロンはまさに砂浜に自分のたまごを産み終わったばかり。でも、アーケロンはそのたまごたちを陸の上で見守っていることはできないと言うのです。すっかり同情したリトルホーンはこう答えてしまいます。
「アーケロンのおばさん、ぼくがたまごを守ってあげるよ」

そんな約束して大丈夫なのかな?
先へと進んでいたビッグホーンにこの話をし、一緒にたまごを守るように頼んでみると、案の定答えはダメ。トリケラトプスたちにとって、一番大事なのは少しでも早く南の地へ行くことです。他の動物を助けている余裕なんてないのです。
かんしゃくをおこしたリトルホーンは、ひとりでたまごを守る決意をします。
すると、早速たまごの敵たちがあちらこちらからやってきた!
ステノニコサウルス、大ヘビ、カニ、プルガトリウス。
へとへとになったリトルホーンの前にやってきたのは・・・聞き覚えのあるつめたくて、太い声。
それは恐ろしい大型肉食恐竜、ダスプレトサウルスのダスだった!!

リトルホーンはこの究極のピンチをどう切り抜けるのでしょう。
物語の見せ場は、草食恐竜と肉食恐竜の水の中での戦い。そして、史上最大の海ガメ、アーケロンの活躍です。最後には、やっぱりビッグホーンもやってきて。迫力の戦いと、あたたかい気持ちになる親子の物語、両方が味わえます。

恐竜大好きな子どもたちに大人気!黒川みつひろさんの描く冒険物語。リトルホーンが出会っていく恐竜や動物たちの種類の豊富さには、大人もひきこまれてすっかり夢中になってしまいます。
カメは恐竜が出現するより、はるかに古い時代から地球上に生きていたんですね。
巻末では、そんなカメについての知識もイラストとともにわかりやすく紹介してくれています。
さて、リトルホーンたちは無事に南の新天地へとたどり着くことができるのでしょうか。続きが気になって仕方がなくなってしまいましたよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

恐竜トリケラトプスと巨大ガメ

出版社からの紹介

海岸を行くトリケラトプスのむれは卵を産んだ巨大ガメ、アーケロンを見つけた。リトルホーンは卵を守る。そこに恐ろしい敵がやってきた。あのダスプレトサウルスだ。

ベストレビュー

4才の息子が好きなシリーズです。

恐竜を愛してやまない4才の息子が、図書館にいくと必ず借りて来るシリーズの本の一冊です。

今回の本でも、主人公はビッグホーンとリトルホーンの親子(トリケラトプスです)。
今回は、リトルホーンが、ウミガメの卵を守ろうとして…と言う、ハラハラストーリー。

この本の絵は、個人的にはちょっともっちゃりしていて、ワタシは好みではないのですが、いい所は、実際にいた恐竜が出て来る所でしょうか?
小さく注釈で、その恐竜についての説明もきちんと載っていて、子どもに聞かれても説明出来る所がいいです。
(もももももさん 30代・ママ 男の子3歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

黒川みつひろさんのその他の作品

恐竜トリケラトプスとアルゼンチノサウルス きょだいきょうりゅうとであうまき / トリケラトプスとそこなしのぬま アルバートサウルスとたたかうまき / もっと恐竜とあそぼう! / 恐竜トリケラトプスとテリジノサウルス / 恐竜とあそぼう! / 恐竜トリケラトプスとカルノタウルス にくしょくツノりゅうとたたかうまき



コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

恐竜トリケラトプスと巨大ガメ

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 28人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット