もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
おやおや、おやさい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おやおや、おやさい

  • 絵本
作: 石津 ちひろ
絵: 山村 浩二
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2010年06月
ISBN: 9784834025552

読んであげるなら・ 2才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
22X21cm・24ページ
関連書籍
くだもの だもの

関連するスペシャルコンテンツ


山村浩二さんにインタビューしました!

みどころ

 リズムカルな言葉遊びをユーモアたっぷりな絵の世界で表現し、人気となった前作『くだもの だもの』。その名コンビ石津ちひろさん&山村浩二さんの新作が『おやおや、おやさい』です。
 今度の主役はフレッシュな野菜たち。これがツヤツヤ、ゴツゴツしていていかにも美味しそう。そしてモリモリ元気。なんてったって「マラソン大会」を繰り広げるくらいですから。にんにくの筋肉がむきむきしていたり、ラディッシュのダッシュが素晴らしかったり、かぼちゃの体はやっぱり重そうだったり・・・それぞれのキャラクターが野菜の雰囲気とぴったり合っている所が何だか笑ってしまいます。さて、一等賞になったのは誰だったのかな?
 声に出して楽しい、石津さんの野菜にまつわる言葉の数々。駄洒落や回文になっている訳でもないけれど、何だかそれぞれのキャラクターが浮かびあがってくるような軽やかで楽しい文章。一体どんな風に思いつかれるのでしょうね。それから、最初は順番もばらばらだった一つ一つの文章を、見事に絵本の世界に仕上げてしまう山村さんの絵の世界。こちらも、どうしてこんな楽しいストーリー展開になってしまうのか、読めば読むほど不思議になるのです。お二人の才能の絶妙な組み合わせ、これこそがこのシリーズの最大の魅力なのかもしれませんね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

おやおや、おやさい

出版社からの紹介

今日は野菜たちのマラソン大会。「そらまめ そろって マラソンさ」「りっぱなパセリは つっぱしる」韻を踏んだような言葉とユーモアたっぷりの絵が実に楽しい絵本です。

ベストレビュー

みずみずしい*

ダジャレのようなちょっと違うような ことばあそび楽しいです♪
石津さんのことばあそびって、ワンランク上って感じがします。リズムのよさも◎。
このシリーズ、わりと小さい頃から読んでるのですが、うちの娘がハマりだしたのは、年長さんくらいから。
“ことば”の理解度がグンとあがったからだろうなって思います。
わたし的には、山村浩二さんのかわいいのにリアルさとみずみずしさを保ってる絵がたまらないです。美味しそう♪

ちいさい子は絵とリズムで楽しめ、大きい子は更に“ことばの旨み”を堪能できるんじゃないかなって思います。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石津 ちひろさんのその他の作品

もしかしてオオカミ!? / 詩ってなあに? / ピピは いっとうしょう! / シンデレラ / ソフィアのとってもすてきなぼうし / だれのおしり? まきばにいこう!

山村 浩二さんのその他の作品

したじきくんとなかまたち / 日本の神話 古事記えほん (四) いなばの白うさぎ〜オオナムヂとヤガミヒメ〜 / ぼくのおばあちゃんはキックボクサー / みたい!しりたい!しらべたい!日本の学校の怪談絵図鑑(1) 教室でおこる怪談 / 妖怪用心 火の用心 九十九さんちのかぞえうた / 妖怪一家 九十九さん(5) 遊園地の妖怪一家



『いちにちじごく』作者インタビュー

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット