貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
オオカミと石のスープ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オオカミと石のスープ

作・絵: アナイス・ヴォージュラード
訳: 平岡 敦
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,700 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年2月
ISBN: 9784198613167

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

意外な展開で・・・

メンドリの家に、年老いたオオカミがやってきます。

「ちょっと中で暖まらせて、石のスープを作ってあげます。」
というオオカミを
家の中に入れてしまうメンドリ。

その様子を目撃してメンドリを心配したお友達の動物さんたちが、
次々とやってきます。

石のスープの話を聞いた動物達。
次々と、セロリやら、ネギやら、カブやらを持ってきます。

そしてスープが出来上がるまで、みんなで輪になって歓談。
足元にはそれぞれ赤ワインのグラスも!

「なんて楽しんでしょう!
これからはみんなでもっと集まってご飯食べましょうよ!」

というめんどりさんの言葉や、
みんなにスープをよそってあげたオオカミさん。

初めはメンドリさんを騙してスープにして
食べるつもりだったんでしょうが、
逆にみんなに楽しい時間を提供してしまったオオカミさん。

悪者になりきれなかったオオカミさんの
優しさが伝わってくるようでした。

奥深いけど、4歳児にも十分理解できる内容の絵本で、
とってもよかったとおもいます。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アナイス・ヴォージュラードさんのその他の作品

やっぱりしあわせ、パパブタさん / ママブタさん、いしになる! / たったひとりの戦い

平岡 敦さんのその他の作品

ルブランショートセレクション 怪盗ルパン謎の旅行者 / 小さなサンと天の竜 / モーパッサン 首飾り / ロンと海からきた漁師 / 岩波少年文庫 最初の舞踏会 ホラー短編集3 / かしこいウサギと はずかしがりやの大きな鳥



「P-kies Educational Series」<br>mizukaさん きはらようすけさんインタビュー

オオカミと石のスープ

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.41

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット