しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
ぐりとぐらのうたうた12つき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぐりとぐらのうたうた12つき

  • 絵本
作: なかがわ りえこ
絵: やまわき ゆりこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぐりとぐらのうたうた12つき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年10月
ISBN: 9784834019407

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


大賞決定!豪華サイン本は誰の手に!

出版社からの紹介

 ぐりとぐらが、どんな1年をすごしているのかご存知ですか? 1月はおしゃれして雪だるま作り、2月は雪のワルツを踊り、3月は陽のあたる部屋で編物を編み、4月は畑仕事、5月は小川を渡ってハイキング、6月は大きな木の下で雨やどり、7月は七夕かざりの準備で大いそがし。8月になれば海水浴です。9月は台風一過お月見会の相談。10月は森へさんぽで絵本を読みます。11月はおなべでごちそうを作り、食欲の秋。12月ともなれば、この1年をふりかえっての反省会、忘年会でしめくくりです。最後は、みんなで丸く輪になって、歌います、踊ります。来年もさ来年もうれしいことや楽しいことが、いっぱいあるようにと歌い踊ります。ぐりとぐらとその仲間たちは、ほんとうになかよしです。ページをめくるたびに季節の移ろいをしっかり感じとって、1年を生き生きとすごしているのが、よくわかります。心地よいリズミカルな文と、美しい絵でつづる楽しい絵本となりました。手にとってどうぞ。

ベストレビュー

今度はどこに飾ろうか?ワクワクします!

絵本ナビから前回いただいた図書券で何を買おうかな、と本屋さんに行ったら、ピカピカの新刊のぐりとぐらが目についたので、「うたうた12つき」と「すみれちゃん」2冊同時にGETしました〜。
「ぐりとぐら」はお話も好きですが、ふたりをとりまく世界っていうのかな、季節感あふれる描写も大好きなんです。
これより大判の前作「ぐりとぐらの1ねんかん」は玄関に飾って、日に何度も目にしますが、全然飽きないんです。
今はちょうど10月、玄関のぐりとぐらも読書していますが、新入りのこちらも、読書しています。かばんに本を入れて、しずかなもりで読んでます。(うふふ、絵本好きの私は、ぐりとぐらが自分と重なりうれしくなるんです。)
自然の恵みを大切にして、仲間と楽しく過ごすぐりとぐら、私の絵本の原点ともいえる「ぐりとぐら」が子どもたちにとっても、そしてさらに、その子どもたちにとっても、ずっとずっと大切な存在でいてくれますように。
さあ、今度はどこに飾ろうかなあ?ワクワクします!
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかがわ りえこさんのその他の作品

【ミニトートバッグ付き50周年限定セット】 ぐりとぐらといっしょにおでかけ絵本 / おかし / おかし / ぐりとぐらの おまじない / ぐりとぐらの しりとりうた / ぐりとぐらの しりとりうたとおまじないセット

やまわき ゆりこさんのその他の作品

おめでたこぶた その3 サムのおしごと / おめでたこぶた その2 サム、風をつかまえる / わたしの読書ノート / おめでたこぶた その1 四ひきのこぶたとアナグマのお話 / あかいぼうし / ペトロニーユと120ぴきのこどもたち



もしあなたがシンデレラだったら?1人称童話シリーズ二作目登場

ぐりとぐらのうたうた12つき

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 44人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット