話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
トトトのトナカイさん

トトトのトナカイさん

  • 絵本
作・絵: 長谷川 義史
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年02月
ISBN: 9784893093790

190×190mm 32P 上製 hard cover

出版社からの紹介

たいくつなトナカイさんがはじめた「しりとり」。「トナカイのイイイ」とはじめると、やってきたのはイノシシさん、つづいてシマウマ、マントヒヒ......と次々やってきます。ユーモア絵本作家の第一人者・長谷川義史のとびきりおもしろい動物しりとり絵本です。

ベストレビュー

1つの点を覗けば…

とても大好きな絵本なので、最初にマイナス点を…。(ファンの方すみません)
ラストシーン近くに「カバのバカ」という台詞があるのですが、この単語のせいで幼稚園・小学校の読み聞かせに使う本の選定で却下されてしまいました(T_T)
言葉遊びの1つなんですけどね、今は本当にNGワードに厳しい世の中で残念です。
もし公の場で読み聞かせに使われる方は「カバさんったら」等と言葉を置き換えて使う必要があるかと思われます。
(多少の言葉の置き換えは私的にはOKなんですけどね…)
チャンスがあれば言葉を置き換えて読み聞かせにチャレンジしてみたいです!

さて、本の内容です(^-^)
大変面白かったので、近隣の子供達を集めて公園で読み聞かせしてみました。(これがメインと言う訳ではなく、数冊読んだうちの一冊です)
長谷川義史さんの本なので、関西弁で読んでみました。
最初の見開きは、これからの展開を暗示させるものなので、あえてゆっくり読むように努めました。
「イ、イ、イ…」と考えるページでは、めくるタイミングをワンテンポ遅らせて子供達に考える時間を与えます。
だんだんトナカイが「そう来たか」とツッコミを入れますが、ここは大人の方がウケていました。
ここ面白いところなんですけど、小さな子供達はスルーなんやね…難しいなぁ。
カバ→バイソンで子供達がクスクスと笑います。年少、年中ぐらいの一部の子供はキョトンとしてました…この辺は言葉遊びに慣れる年頃じゃないと厳しいみたいですね。

幼稚園児ならしりとりシーンを楽しい感じで(間をとったり掛け合い等で)強調してあげて言葉遊びに興味を持たせる、小学校低学年には考えさせる力を引き出させる、中高学年には話の構成を楽しんでもらう…など、スタイルや年齢によって使い分けられる本だなぁと思いました。

読み聞かせボランティアのメンバーの反応は、賛否が半々といった感じでした。
(「バカ」という単語や、カバが負けるシーン自体の描写がキツすぎる等)
明るく楽しく読み聞かせられるかどうかは、読み手の心の持ちようによって変わってくるみたいです。

堅苦しい事を書いてしまいましたが、肩の力を抜いて読んで欲しい一冊です(^-^)
(happychanceさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 義史さんのその他の作品

お月さんのシャーベット / グーチョキパーのうた / 紙芝居 おさんぽ おさんぽ ポンチョコリーナ / しげちゃんの はつこい / NHK for School ミクロワールド(4) キラキラ  / NHK for School ミクロワールド(5) もの・体


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > トトトのトナカイさん

『とびだすえほん たべるのだあれ?』すぎはらけいたろうさんインタビュー

トトトのトナカイさん

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット