話題
ぷっくり ぽっこり

ぷっくり ぽっこり(偕成社)

じわじわ売れています! 新感覚の赤ちゃん絵本!

  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

きんようびはいつも

きんようびはいつも

  • 絵本
作・絵: ダン・ヤッカリーノ
訳: 青山 南
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784593504947

この作品が含まれるテーマ

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

きんようびは、ぼくとパパにとって とくべつなひ。
あさ、ふたりで ゆっくりと さんぽをして、
じかんをかけて あさごはんを たべながら、
いろんなことを おしゃべりする。
まわりがみんな いそいでいても、ぼくたちは いそがない。
ぼくは きんようびが だいすきだ。

いそがしい日常生活のなかで、ゆったりと同じ時間を楽しむための、親子の小さな行事。こんな時間を、見つけてみませんか。

ベストレビュー

「ぼく」だけの特別な時間

この絵本、主人の母がプレゼントしてくれました。
きんようびはいつも、パパとお兄ちゃん2人だけで朝食におでかけ。
優しいパパである作者のダン・ヤッカリーノさんと息子さんの実話から生まれた素敵な絵本です。

「ぼく」が読者に語りかけるような文章は短めだけど、
絵から家族の暖かい雰囲気や朝の街の様子が生き生きと伝わってきます。
家には赤ちゃんがいて、お世話にまだ手がかかること。
パパはウインドーから離れられないような、ちょっと子どもっぽいところもあるみたい。
朝の空気感と街の人たちの様々な生活、表情。

「ぼく」のためだけの特別な時間があるって、大きな意味がありそう。
普段忙しいパパに急に「何か困っていることはないか」なんて聞かれたら話せなくても、
いつものパンケーキを食べながらだったら話せるかもしれない。
話せなくたって、パパに大切にされている「ぼく」を再認識して、また頑張れたりするんじゃないかしら。
子どもへの気持ちはあっても、どうしていいか分からないパパ達への
応援歌みたいな気もしてきます。
小さなことから、形にしてみませんか?と。

子どもに読み聞かせながら、照れ屋なパパたちに読んでほしい絵本です。
(ランタナさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,870円
1,210円
1,870円
858円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
550円
550円
550円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

きんようびはいつも

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.66

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら