話題
むげんことわざものがたり

むげんことわざものがたり(偕成社)

好評につき2刷!ことわざがつながって、ひとつの物語になったおもしろ絵本

  • 笑える
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

わたしのゆたんぽ

わたしのゆたんぽ

  • 絵本
作: きたむら さとし
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2012年12月05日
ISBN: 9784033520001

出版社のおすすめ年齢:3歳〜
18.0×20.0cm 47ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ちょっと懐かしい感じがするけど、実は今でも変わらず人気があるのが「ゆたんぽ」。
お布団に入った時に冷えちゃう足を、優しく暖めてくれますからね。
この絵本の主人公の女の子もゆたんぽが大好き。でも、ゆたんぽは女の子の冷たい足が苦手みたい。
いつも女の子の足とお布団の中でたたかって、押さえ込まれて降参。それから女の子はゆっくり眠りにつくのです。
(なんか、この感じわかりますよね。)
ところがある晩のこと。いつにもまして落ち着きのないゆたんぽ、ついにお布団の中から逃げ出した!
窓を破って冷たい夜空へ飛んでいくゆたんぽ。「こら、おまちなさい!」女の子の足は追いかけます。
どこまでもどこまでも逃げていくゆたんぽ。足も負けじと追いかけます。
ええ、そんなところまで!?
予想を遥かに越えた場所までゆたんぽは飛んでいき、そこで何が起こるのかといえば・・・!?

ああ、なんだかやっぱり懐かしくて可愛らしくて、ほっとする絵本なのです。
きたむらさとしさんの深くて広くて美しい絵の世界を、存分に味わえる1冊でもありますよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

わたしのゆたんぽ

出版社からの紹介

ゆたんぽが大好きな女の子。でも、ゆたんぽは女の子の冷たい足が苦手な模様。
ある日、とうとうゆたんぽは布団から逃げ出してしまいます!

ベストレビュー

非現実的なおもしろさ

5歳児の子に読みました
ゆたんぽのことを知ってはいましたが使い方がいまいちよくわからない様子でしたが、説明したら納得したみたい
それから絵本を読み始めましたが、ゆたんぽを追って足だけが伸びていく様子にゲラゲラ笑っていました
非現実的なところが、面白いのでしょうね〜
小さめな絵本なので、寒い季節に親子でお蒲団にくるまって読むのが良いかと思います
(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,023円
1,320円
1,320円
3,520円
1,980円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,070円
3,300円
7,920円
275円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

わたしのゆたんぽ

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら