しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ないしょのかくれんぼ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ないしょのかくれんぼ

  • 絵本
文: ビバリー・ドノフリオ
絵: バーバラ・マクリントック
訳: 福本 友美子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年05月20日
ISBN: 9784593505616

4歳から
260×284mm 32ページ

みどころ

絵本をひらいてまず目に飛びこんでくる、大きな家。これがマリアの家です。
そして右端の植え込みのなかに、よくよく目をこらさないとわからないほどの、小さな扉がもうひとつあります。
マリアと、マリアの家に住むねずみ一家の女の子、ネズネズ。
ふたりは、同じ家に住む、ないしょのおともだちなのです。
このお話は、ある夜にマリアのママと、ネズネズのママが、同時にいなくなってしまった!?というお話です。

大きな家のなかのふたつの空間・・・マリアが暮らす空間と、ネズネズが暮らす小さな空間、それぞれでお話はすすんでいきます。
家族構成も似ていて、行動も同じ。たとえばマリアがパジャマにきがえ、歯をみがき、髪をとかして「ママ!」と呼ぶとき、ちょうどネズネズもねまきにきがえ、歯をみがき、ひげをとかして「マーマー!」と叫ぶんです。
ママの返事はなく「ママ、どこにいるの?」「ねえ、ママみなかった?」と家じゅう探して歩くふたり。
マリアとネズネズの行動はべつべつなのにそっくりなので、読者はふたりがいつ出会うのかとわくわく・・・。
さて、ふたりのママは見つかるのでしょうか?

バーバラ・マクリントックが描く精緻な絵は、すみずみまで遊び心にあふれ、ねずみ一家の壁を飾るボタンや片方だけのピアス、瓶のキャップで作られたいす、マッチ箱のベビーベッドなど、いつまで見ても飽きません。
じつはこの絵本、マリアとネズネズのママが、小さな娘だった頃のお話『ないしょのおともだち』の続編なのです。本書1冊でもじゅうぶん楽しめますが、ママたちの小さい頃を知りたくなったら、ぜひあわせて読んでみてくださいね。(冒頭の「大きな家」は、もしかしたら前作にも登場する家を、反対側から描いているのでしょうか!?)
大きな家のなかに描きこまれたもうひとつの空間。もうひとつの家族。
2世代つづく友情に、想像はひろがり、なんだかしあわせ、贅沢なきもちになる大型絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

ないしょのかくれんぼ

ないしょのかくれんぼ

出版社からの紹介

マリアとネズネズは、おなじ家にすむ、ないしょのおともだち。あるばん、ママがいなくなったことに気がついたふたりは……。細部まで描きこまれた遊び心いっぱいの絵と、とびきりゆかいなお話。大好評『ないしょのおともだち』の続編!

ベストレビュー

歴史は繰り返す?

『WHERE’S MOMMY?』が原題。
表紙でピン!ときましたが、『ないしょのおともだち』の続編です。
前作へのリスペクトも感じられる、素敵な訳出にまずはうっとりしてしまいました。
大きな家に住む少女、マリア。
同じ家に住む、ねずみのネズネズ。
二人は内緒のお友だちなんですね。
お、前作と同じシチュエーションですね。
ところが、二人がそれぞれ、寝る前にママを呼びますが、ママがいないのです。
どこを探しても…、いえ、やっと二人が見つけたのは、
物置小屋で、仲良くおしゃべりしている、マリアのママ(マリー)と、ネズネズのママ!
おやおや、歴史が繰り返されているではありませんか。
ラストの素敵な光景もほっこりです。
隅々まで丁寧に描かれた家の様子は、見所いっぱいです。
リビングで、マリアのママが、マリアの兄弟たちに読んであげている絵本が、
前作であるのもチェックしてくださいね。
なるほど、友情は永遠なり、ですね。
幼稚園児くらいから楽しめそうですね。
(レイラさん 40代・ママ 男の子20歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ビバリー・ドノフリオさんのその他の作品

ないしょのおともだち

バーバラ・マクリントックさんのその他の作品

数字はわたしのことば ぜったいにあきらめなかった数学者ソフィー・ジェルマン / トムがてぶくろおとしたら / ふたりはバレリーナ / おじいちゃんのコート / シンデレラ / 12種類の氷

福本 友美子さんのその他の作品

どうぶつたちのがっこうって? / わたしたちの家が火事です 地球を救おうとよびかけるグレタ・トゥーンベリ / はたらくくるまたちのクリスマス / 図書館のふしぎな時間 / このままじゃ学校にいけません / ハロウィーンくまちゃん



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

ないしょのかくれんぼ

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット