貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おたすけこびとのにちようび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おたすけこびとのにちようび

  • 絵本
文: なかがわ ちひろ
絵: コヨセ・ジュンジ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年05月31日
ISBN: 9784198644079

3歳から
22cm・38ページ

関連するスペシャルコンテンツ


大賞決定!3600票を超える投票ありがとうございました

出版社からの紹介

困ったときに電話をすると、働く車でかけつけてくれる、おたすけこびと。でも、日曜日は、おたすけこびとたちもお休みです。お弁当をつくって、おやつもリュックにつめて、みんなで外へ遊びにでかけます。バッタにのったり、さかなつりをしたり…。でも、困っているカメをみつけてしまったこびとたちは…? のびのびと休日を楽しむこびとたちの私服姿がかわいい、大人気シリーズ第六弾!

ベストレビュー

気になるお休みの過ごし方

おたすけこびとシリーズの大好きな息子。
「おたすけこびとたちが、お休みの日に何してるかわかるんだって!」
と言うと、「しりたーい!」と食いついてきました。

いざ読んでみると…


「しごとしてるね」

とひとこと。



依頼ではないけれど、困ったところをみると出動しちゃう、おたすけこびとの責任感ったら(笑)
でも、どの巻を見ても、心から楽しそうに真剣に仕事をしていて。
一緒に読んでいる大人もうらやましいなぁ、いいなぁなんて気もちになったり。

また、にちようび」というだけあって、いつもより余暇の過ごし方が丁寧に描かれています。
そのせいか、いつもよりこびとたち一人一人の個性がよく見えて、今までよりもこびとたちを大好きになりました。


それと…
さいごのページが「おたすけこびとシリーズ」を読んできた息子にはたまらなかったようで。
いろいろ見つけては、「これは!!」と目を輝かせていました。
(mokumoさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本

なかがわ ちひろさんのその他の作品

あかちゃんがどんぶらこ! / ずっと / ちっちゃい おおきい おんなのこ / いっしょにおいでよ / たくさんのドア / まほろ姫とにじ色の水晶玉

コヨセ・ジュンジさんのその他の作品

こうじのくるま / おたすけこびととあかいボタン / 新・おたすけこびとセット(全4巻) / おたすけこびととハムスター / おたすけこびとのまいごさがし / おたすけこびとのクリスマス



未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

おたすけこびとのにちようび

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット